キヤノン、小学生向け写真教室「ジュニアフォトグラファーズ 2017」を開催

キヤノンは、小学生向けの写真教室「ジュニアフォトグラファーズ2017」の開催を発表した。現在、参加校および団体を募集しており、募集期間は4月20日まで。参加費用は無料。

昨年度の撮影会の様子

ジュニアフォトグラファーズは、身近な自然をテーマとした写真撮影の体験を通じて、子どもたちの環境に対する意識を高め、豊かな感性をはぐくむプロジェクト。プロの写真家やキヤノングループの社員による写真教室などが開催される。2004年のプロジェクト開始から、これまでに延べ281の学校・団体で写真教室を開催し、17,000人を超える子どもたちが参加した。

写真教室では、カメラの操作方法を説明した後、キヤノンのデジタルカメラを参加者全員に1台ずつ貸し出し、野外で自然を自由に撮影する。撮影後は、子どもたちがお気に入りの写真をプリントし、タイトルをつけて仕上げた自分の作品を発表するほか、講師が各作品に講評を行う。撮影した写真はキヤノンのフォトブック作成サービス「PHOTOPRESSO」にて製本し、参加校・団体へ寄贈する。

実施期間は5月~11月で、所要時間は1回あたり約2~3時間。対象は全国の小学校または団体(原則小学3~6年生、1回あたり30名以上)、募集数は8~10団体だ。ジュニアフォトグラファーズの詳細はキヤノンのWebサイトを参照いただきたい。

人気記事

一覧

新着記事