妻夫木聡、最優秀助演男優賞で恋人役・綾野剛と熱いハグ - 「夢のよう」

第40回日本アカデミー賞の授賞式が3日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪にて行われ、最優秀助演男優賞に選ばれた妻夫木聡が受賞の喜びを語った。

妻夫木聡と綾野剛 撮影:宮田朋久

優秀賞を受賞した竹原ピストル(『永い言い訳』)、東出昌大(『聖の青春』)、森山未來(『怒り』)、リリー・フランキー(『SCOOP!』)とそうそうたるメンバーが並ぶ中から、最優秀賞に選ばれた妻夫木。『怒り』では、千葉編・沖縄編・東京編と3つの物語が交錯する仲で、東京のゲイの青年・優馬を演じ、綾野剛演じる直人と愛を育むも、直人が殺人犯ではないかと悩む姿を演じた。

妻夫木は「ああ、ありがとうございます」と感極まった様子。「小さい頃から特に何の取り柄もなかった自分が、今俳優やってること自体が不思議なんですけど、その俳優でこうやって素敵な賞までいただける現実が本当に夢のようです」と真摯に喜びを語った。

恋人役となった綾野とは、役作りのために2週間ほど一緒に住んだ仲だが、妻夫木は改めて「これも綾野剛くんと一緒に作り上げた役で」と綾野への感謝の気持ちを表す。また、メガホンを取った李相日監督には「李さんが『東京はお前に任せた』と言われた一言は本当に嬉しかったです。終わってからも『お前に救われた』と言われたのは僕の一生の財産となりました」と監督へのメッセージを贈った。

優秀主演男優賞を受賞し、会場にいた綾野剛も目を潤ませ、壇上を降りた妻夫木と熱くハグ。綾野は「めっちゃ嬉しいよ」と声をかけていた。

最優秀賞発表前のトークでは「同性愛者の作品を日本でずっとやりたかった」と語った妻夫木。綾野とは、役作りのために2週間ほど一緒に住んでいたエピソードを披露した。妻夫木は「2人で一緒にお風呂に入ったりとか、ベッドは別だったんですけど、いつも彼が寝坊して僕が起こしてあげるとか」と綾野との同居生活について明かし、「ラブラブしてました」と笑顔を見せた。

綾野も「今でも愛おしい時間です」と同居生活を振り返り、「妻夫木聡という人がいなければ僕の役は存在しませんでした」と語る。綾野が「妻夫木さんが直人を、僕を愛してくださったことによって、妻夫木さんが座っているんだなと思うと心から本当に、きれいごと抜きに嬉しいです」と妻夫木を見つめながら語ると、妻夫木は「若干会場が引いてる感じが。すいません」と苦笑しながらも「嬉しいです」と喜びを表した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事