三上博史、2年ぶりWOWOWドラマ主演「演じる"執念"を存分に発揮したい」

俳優の三上博史が、4月30日にスタートするWOWOWの連続ドラマ『社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』に主演することが4日、明らかになった。

三上博史

原作は堂場瞬一の『警察回りの夏』『蛮政の秋』に続く"メディア三部作"の最終巻で、伝統ある巨大新聞社が発行部数の激減や広告収入の低迷から外資系企業に身売りを画策するも、外資を率いる日本人・青井(三上)の過激な要求や言動に翻弄されるという本格社会派ドラマ。

およそ2年ぶりのWOWOWドラマ主演となる三上は「普段生活する上であまり感じることはなかったのですが、今の時代は情報過多なんだということを改めて考えさせられる内容でした。新聞もWEBもそうですけ ど、ニュースソースが溢れている中で、ひとつの情報をどう受け取ったらいいのか、自分がどう使ったらいいのか、さらには周りにどうシェアしていくのか。一見当たり前のように見るけれど、実はとても難しい課題をこの作品では投げかけていると思います」と、台本を読んだ感想を。

また、今回演じる青井について「青井はニュースのあり方というものについて、WEB社会である世相を上手く取り入れたプロフェッショナルといえます。外資系企業の日本法人社長という役柄で、トランプ大統領のようにメディアと真っ向から向き合い、対峙したときの憤りですらもたくましく利用する人物像に近いのかもしれません。ただ、僕も演じることに対しての"執念"という熱量では青井に負けていないと思いますので、そういった部分を演技で存分に発揮できればと思います。たまにこだわりすぎて"悪魔"って言われることもありますが(笑)」と語った。

原作者の堂場は三上について「多数の映像作品や舞台を通して変幻自在の演技を見せる役者さん、というイメージがあります。今回演じていただく青井という人物は、単に外資の手先になって自分の古巣の買収を手がけるというだけの単純な人間ではありません。さまざまな経験、複雑な思いを胸に抱き、裏も表も横もある一筋縄ではいかない人物です。三上さんの手によってどのような青井像に仕上がるのか、非常に楽しみです」と、彼の演技に大きな期待を寄せている。

連続ドラマ『社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』はWOWOWプライムにて4月30日(日曜 22:00~)スタート。全5話(第1話無料放送)。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事