「キュープラザ二子玉川」4/28開業--4店舗の自然と調和した開放的な空間

東急不動産は2月28日、世田谷区玉川二丁目にて建設中の「(仮称)玉川二丁目計画」の施設名称を「キュープラザ二子玉川」と決定し、4月28日(金)に開業することを発表した。

「キュープラザ二子玉川」外観イメージ

「キュープラザ二子玉川」は、同社が展開する都市型商業施設ブランド「キュープラザ」の4番目の施設となり、"豊かな空間・時間を感じる"をコンセプトに施設づくりを展開。自然に育まれた街並みや利便性の高いショッピングエリアの発展が進む二子玉川で、周辺の施設や自然とも調和しながら、気軽に楽しめるアクティビティや開放的なテラスで楽しむ食事やカフェタイムなど、二子玉川を訪れる人々に日常生活の広がりと魅力的なライフスタイルを提供していく。

屋外階段周辺イメージ

等々力渓谷や多摩川など、自然が豊かな二子玉川エリアに位置する同施設では、土地本来が持つ自然の豊かさを感じることのできる空間づくりを行うことで、周辺環境との調和を重視。空中階のテラス空間や地下のドライエリア空間、屋外階段周辺を広く計画し、随所に自然を取り入れた空間づくりを行っている。また、植栽は日本の原風景や世田谷区の生物多様性にも配慮し、元々日本にある在来種山野草を組み合わせ、建物の随所に植栽を配すことで、建物と植物が共生し自然をつなぐデザインとした。

外装イメージ

キュープラザ二子玉川が開業する場所は、当時、玉川電気鉄道の終着駅であった玉川駅のすぐそばに位置し、二子玉川の歴史を作った重要な路線であった砧線が分岐していた場所でもある。同施設の建物は、レールによってフレームを組み、枕木をパネルとしてはめ込むことでファサードを構成。レールや枕木といった昔からある親しみやすい素材を使うことで、かつてあった鉄道の要素を積極的に取り入れ、どこか懐かしさや親しみを感じつつも、新しい気分が味わえるデザインを目指した。

出店する4店舗は全て二子玉川エリア初出店。路面店には2フロア約315坪という都内屈指の大型店舗で展開するアウトドアショップ「mont-bell」、開放的なテラスからの眺めとともに好きなマリネを存分に楽しめる「セビーチェバー」や本場ナポリから取り寄せた日本最大級のピザ釜で焼き上げたピザを楽しめる新業態のカフェ「CHICAMA」、4mの高さのクライミングウォールをそなえ、初心者から上級者までが楽しめるボルダリングジム「Climbing Gym Fish and Bird」、開放的なテラス席などで本格エスニック料理を楽しめる「AsianBistro Dai」の旗艦店が出店する。

「mont-bell」「CHICAMA」のイメージ

「Climbing Gym Fish and Bird」「AsianBistro Dai」のイメージ

キュープラザ二子玉川の所在地は東京都世田谷区玉川二丁目24-1で、アクセスは東急田園都市線・大井町線「二子玉川」駅徒歩1分。構造規模は鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造) 地下1階/地上3階建、敷地面積は1,158.16平方メートル、延床面積は2,521.15平方メートル。

周辺地図

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事