テリー、不倫告白の飯田を批判「清水さんを再び追い込んだ。ろくでもない」

演出家でタレントのテリー伊藤が26日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)に生出演。宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加との不倫を認めたロックバンド・KANA-BOONの飯田祐馬について厳しい意見を述べた。

テリー伊藤

清水が今月17日に発売した告白本『全部、言っちゃうね。』で恋の悩みを打ち明けたことをきっかけに、相手についてさまざまな臆測が飛び交い、自ら清水と不倫関係にあったことを告白して謝罪した飯田。テリーは「飯田って男は情けないね。本に書かれて、でも名指しされているわけではない。黙っていればいい」と苦言を呈した。

放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が、週刊誌で報じられるのを知って先手に出たと言うも、テリーは「自分で言う必要がない」と意見。「自分が一度は愛した女性。清水さんをまた再び追い込んだ。どういうことだよ。ろくでもないなコイツ」とバッサリ斬り、マスコミに自ら告白したこと自体が「気持ち悪い。とんでもない」と話した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事