カシオ「EXILIM」、様々な環境で人物をキレイに撮れる「EX-ZR3200」

カシオ計算機は22日、デジタルカメラ「EXILIM」(エクシリム)の新製品として、上位ラインの新モデル「EX-ZR3200」を発表した。ビビッドピンクとホワイトの2色を用意し、4月14日から発売する。価格はオープン、推定市場価格は46,000円前後(税別)。

EX-ZR3200

撮像素子に1/1.7型裏面照射型CMOSセンサーを搭載するデジタルカメラ。従来モデルに搭載してきた「メイクアップ機能」が進化し、肌の滑らかさを12段階で、肌の色を美白6段階、褐色6段階で調整可能。室内 / 屋外 / 逆行 / 夜景など、様々な光の環境下でも自然な美肌に仕上げられるインテリジェント性能も備えた。この機能により、白飛び / 黒つぶれ / 色被りを防いできれいな写真を撮影できる。

屋外

屋内

逆光

夜景(フラッシュ)

さまざまな光の環境化でも、人物の明るさと色味がほぼ一定

本体には180度チルトの3.0型92万画素液晶モニターを搭載。フロントシャッターボタンと合わせて自撮りもしやすい。また、決定的瞬間にムービーボタンを押すことで、その瞬間の前後を120fps/240fpsで記録してスローモーションにする「ドラマチックスロー機能」も搭載(通常の動画記録では音声も記録されるが、ドラマチックスロー部分は音声なしの記録となる)。

上面と背面(液晶モニター面)のインタフェース類

通信機能として、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0に対応。スマートフォン用アプリ「EXILIM Connect」と連携し、「エクシリムオートトランスファー」によって撮影した画像を自動的にスマートフォンへと転送できる。選んだ写真だけを転送することも可能だ。

主な仕様は、撮像素子が裏面照射型の1/1.7型CMOSセンサー、総画素数が1,276万画素。レンズ構成は非球面レンズを含む9群10枚。焦点距離は約25~300mm(35mm判換算)、F値は2.8(W)~6.3(T)。光学ズームは12倍(プレミアムズーム併用時:24倍)、デジタルズームは4倍。

画像ファイル形式は、静止画がRAW、JPEG、動画がMOV(H.264/AVC)。外部メモリとしてSDメモリーカード(SDXC対応)を使用できる。ISO感度はISO80~6400(HSナイトショット時:最大25600)。手ブレ補正は光学式+高速連射合成(最大9枚)。

電源は専用リチウムイオン充電池「NP-130A」を使用し、撮影枚数が約425枚(CIPA規格準拠)、フルHD動画実撮影時間が約1時間30分、連続動画撮影時間が約2時間30分。本体サイズはW108.3×D36.7×H61.5mm、重量は約249g(電池およびメモリーカードを含む)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事