全応募作を展示する富士フイルムの"PHOTO IS"、今年の応募目標は50,000人

富士フイルムは2月20日、応募者全員の作品が選んだ会場に必ず展示される写真展「"PHOTO IS"想いをつなぐ。50,000人の写真展2017」の作品募集を開始した。応募期間は5月20日まで。7月14日の東京会場より、全国35会場で順次開催される。

「"PHOTO IS"想いをつなぐ。50,000人の写真展2017」では昨年と同様、大伸ばしプリントのほか、インスタントカメラ「チェキ」で撮影した「チェキプリント」、複数の写真を1枚にまとめた「シャッフルプリント」の作品を募集する。

応募部門は、海や川で暮らすいきものを写した「水でくらすいきもの」部門と、ふるさとの風景や昔熱中していたものなど、出展者が懐かしいと思う写真を展示する「なつかしいあの頃」部門を新たに設ける。

「水でくらすいきもの」部門の例

「なつかしいあの頃」部門の例

そのほか、テーマやジャンルを問わずに応募できる「一般展示」部門、鉄道写真を鉄道博物館などに展示する「鉄道のある風景」部門、特定の人に向けたメッセージを添えて展示する「あの人に伝えたいフォトレター」部門を用意する。

「一般展示」部門の例

「鉄道のある風景」部門の例

「あの人に伝えたいフォトレター」部門の例

「一般展示」部門と「なつかしいあの頃」部門の作品は、小山薫堂さん、広瀬すずさん、織作峰子さん(写真家)など10名が計100作品を選出。選ばれた作品を「心に響いた作品」として、全国29会場に展示する。

企業との共同企画や特別企画展も実施。ベネッセコーポレーションの「こどもちゃれんじ」との共同企画では、「あの人に伝えたいフォトレター」部門で「両親が将来の子どもに伝えたいメッセージ」をテーマとした作品を募集する。アニコム損害保険とは、ペット保険契約者向けの限定企画「これが私の元気の源」を実施。このほか三越伊勢丹では、各店で「お客様とつくる"日本の魅力"写真展」が開催される。

「水でくらすいきもの」部門と「あの人に伝えたいフォトレター」部門はスマートフォンから、そのほかの部門は専用台紙から応募する。応募方法の詳細は、富士フイルムのWebサイトを参照いただきたい。

富士フイルムの参加型写真展は、2006年に「"PHOTO IS"10,000人の写真展」として開始。年々応募者が増加し、2013年からは「"PHOTO IS"30,000人の写真展」と、規模を拡大してきた。2017年の今回は、作品応募の目標数を30,000点から50,000点に変更し、「"PHOTO IS"想いをつなぐ。50,000人の写真展」として実施する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事