許すな写真泥棒 - アサヒカメラ、3月号で無断使用追及特集を再掲載

カメラ雑誌の「アサヒカメラ」は、2月20日発売の3月号において、前号に掲載した特集「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」を再掲載した。2号続けて、同じ特集を掲載するのは「異例」とのこと。

アサヒカメラは2月号にて、インターネット上で写真の無断使用が横行していることを問題視した特集、「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」を掲載。同号は大きな反響を呼び、多くの書店にて完売が相次いだことから、異例の再掲載を決定したという。

全8ページの同特集には、一部の「まとめサイト」やSNSなどで写真を無断使用された写真家の被害例、弁護士が監修した写真削除要請や損害賠償請求の実例文書などが掲載されている。

特集「写真を無断使用する“泥棒”を追い込むための損害賠償&削除要請マニュアル」

同誌の編集長・佐々木広人氏は前号の反響について、3月号の編集後記で「著作権を侵害する『まとめサイト』への怒りの大きさ」を感じた一方で、行き過ぎた著作権意識が「畏縮ムード」を招くことに不安があるとして、「作品や論評までが共有できなく恐れがあるのです。(中略) 肖像権問題と同様、写真文化の醸成を阻むことになりかねません」と警鐘を鳴らしている。

アサヒカメラ 3月号 (朝日新聞出版)

人気記事

一覧

新着記事