博多うどんが吉祥寺で味わえる! 「イチカバチカ」の東京2号店が登場

力の源パートナーズは2月21日、「博多うどん酒場イチカバチカ 吉祥寺店」を東京都武蔵野市にオープンする。

「肉ゴボ天うどん」(税込950円)

「博多うどん酒場イチカバチカ」は、"博多の食文化の魅力をもっと広めたい"との思いから昨年8月に恵比寿にオープンした店舗。お通し代を取らない気軽さや、コシよりだしを追求した柔らかい博多うどんを提供するという。

同店で提供する博多うどんのだしには、焼きスルメやホタテ貝柱など7種類の海産物を使用している。毎日2回だしをとっており、力強くコクのある味わいが楽しめるとのこと。うどんには、福岡の地粉を使用。丸1日熟成させた麺を2度ゆですることで、やわらかいのに食べ応えのある食感に仕立てている。

メニューは、甘辛く味付けした牛肉とゴボウの天ぷらをトッピングした「肉ゴボ天うどん」(税込950円)のほか、ハーフサイズやだしだけでの注文もできる。

ドリンクには、デザート感覚でも楽しめるお酒が登場。凍らせた国産・ノンワックスレモンを1個使用し、果肉をつぶしながら味の変化が楽しめる「一八レモンサワー」(税込600円)や「アイスティーハイ」(税込400円)、「アイスミルクティーハイ」(税込600円)などを提供する。

そのほかには、餃子を魚のすり身で巻いてだしで味わう「屋台の餃子巻」(税込420円)、ガーリック風味の豚バラとキャベツに特製の辛みそを添えた「びっくり焼き」(税込580円)などの一品メニューも用意している。

営業時間は、平日11時~15時30分、17時~26時、土日祝14時~23時。

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年5月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事