Go 1.8登場、パフォーマンス大幅向上

a systems programming language - expressive, concurrent, garbage-collected

Goプロジェクトチームは2月16日(米国時間)、「Go 1.8 is released - The Go Blog」において、Goの最新版となる「Go 1.8」の公開を伝えた。今回のバージョンでは標準ライブラリに対していくつかの変更が追加されたほか、パフォーマンスの大幅な向上が実現したという。

今回のバージョンではGo 1.7で導入された64ビット版x86向けのコンパイラバックエンド機能がほかのアーキテクチャに対しても導入されており、それぞれのアーキテクチャでパフォーマンスが向上したと説明がある。例えば、32ビット版ARMシステムではベンチマークにおいてCPUタイムが20%から30%ほど減少したとしている。64ビット版x86向けには別途パフォーマンス改善が実施され、コンパイル時間がGo 1.7と比較して15%改善したという。

また、ガベージコレクタも改善されており、これまでの停止時間よりも大幅に短い時間で処理が終わるようになったとしている。典型的なケースで100マイクロ秒以下、場合によっては10マイクロ秒で処理が完了するとのこと。

プログラミング言語「Go」はGoogleが開発したプログラミング言語。2016年のTIOBE Programming Language Indexでは最も成長したプログラミング言語としてアワードを受賞しており、確実にユーザーが増えていることが示されている。次のリリースでさらなるパフォーマンスの向上も確実視されていることから、今後のリリースが注目される。

関連キーワード

関連記事



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事