今井翼、Jr.時代の井ノ原のイタズラ告白 - 国分「中居君から始まったんじゃ?」

アイドルデュオ・タッキー&翼の今井翼が、15日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』(毎週水曜23:00~23:30)に出演。ジャニーズJr.にV6の井ノ原快彦にされたイタズラを明かした。

1995年にジャニーズに入った今井は、入所してすぐにアイドル雑誌『Myojo(明星)』の泊まりのロケに参加。「井ノ原君とか剛君とかお兄さんチームの中に僕だけ入れてもらった」というそのロケで、朝起きたらほかの人たちがソワソワしていて、理由がわからないままトイレに行くと、「お股のあたりにゾウさんの耳とか落書きがすごいしてあって」とイタズラに気付いたそう。「中学2年で初めてのロケでこんなことになって、どえらい世界に入ったな」と感じたという。

すると、TOKIOの松岡昌宏が「おそらくそれね、91年から97年くらいまで超はやったの。みんなされたの」と懐かしそうに打ち明け、国分太一も「中居君から始まってるんじゃない?」と発言。中居の名前が登場すると、今井は「中居君と地元も中学も同じなんです」と話し、国分が「中居君は伝説だったの?」と聞くと、「そうですね、けっこう学校の先生から聞きましたね」と明かした。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事