[貫地谷しほり]刑事役で岸谷五朗と初共演 リアルな警察小説ドラマ化

スペシャルドラマ「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」で初共演する貫地谷しほりさん(左)と岸谷五朗さん=テレビ朝日提供

 女優の貫地谷しほりさんと俳優の岸谷五朗さんが、3月19日に放送されるスペシャルドラマ「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」(テレビ朝日系)で初共演することが明らかになった。元刑事の二上剛さんが書き上げたリアルな警察小説が原作で、女性刑事・神木恭子を演じる貫地谷さんは「ドジでおっちょこちょいで明るい役が多い自分にとっては初めての挑戦」、恭子とコンビを組むベテラン刑事役の岸谷さんも「2時間ドラマでの刑事役は初めてに近い」と明かしている。

 ドラマは、元大阪府警暴力犯担当刑事の二上さんが退職後に執筆し、講談社主催「第2回本格ミステリーベテラン新人発掘プロジェクト」を受賞した小説「黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子」が原作。所轄署の刑事課強行犯係に配属された神木恭子が、少々荒っぽいがやり手のベテラン刑事・折原圭作(岸谷さん)に次第に認められ、コンビを組んで殺人事件を担当。複雑な謎を解き明かすうちに、警察官だった父親の死の真相を知り、やがて警察組織の闇までも浮かび上がらせていく……というストーリーだ。

 人気刑事ドラマ「相棒」シリーズの和泉聖治さんが監督を務め、黒薔薇を好む謎の老婦人・乾茂美役で野際陽子さん、事件の黒幕となる実力者・瀬名英一郎役で津川雅彦さんも出演。さらに中村俊介さん、西岡徳馬さん、吹越満さん、でんでんさん、丘みつ子さんら実力者が脇を固める。

 貫地谷さんは「脚本がすごく面白かったので、ぜひやらせていただきたいと思ったのですが、この役は私としては初めての挑戦。初めての山を登る気分で、役作りも何が正解かわからないという感じでした。まるで初めてお芝居を始めたころに味わったような感覚です」と明かしつつ、「岸谷さんがいてくださって心強かったです」とコメント。

 初共演の岸谷さんには「すごく熱くてワイルドなイメージ」を持っていたという貫地谷さんだが、「実際にお会いすると物腰が柔らかい、包み込んでくれるような方だったので安心感がありました」とコメント。岸谷さんも「貫地谷さんは、ドラマの後半、ストーリーが深くなっていったところなどでの演技はすごくクールでカッコいい。父親への思いなどが交錯して、すごくすてきな芝居を見せてくれています」と絶賛している。

 また、作品について、貫地谷さんは「このドラマは神木恭子の成長物語でもあると思うのですが、どの登場人物もストーリーの最後までわからない不思議な魅力がある。見やすいだけではなく重々しい空気もあり、その点は私自身初めての作品だと思っています。台本を読んだときにはその重々しさにゾクゾクしましたし、見る方にもゾクゾクしていただけると思います」とアピール。

 岸谷さんも「脚本を読んだときは、ドラマというよりも映画のような感じがしました。いわゆる普通の刑事ドラマとは全く違う。警察経験のある方が書かれているので、すごくリアリティーがある。その中でドラマというエンターテインメントを演出されているので、実際にあるかもしれない、という感覚で警察内部を探っていくと、事件と重なって……という展開がとても面白い。そんな複雑怪奇なところが魅力だと思います」と話している。

 「相棒」などを手掛けた同局の松本基弘プロデューサーは「偶然手にした原作本。読んでみてその斬新な展開に目を見張りました。これはおもしろい! 全く新しい長編単発ドラマが作れると確信しました。そしてそのために考え得る最高のキャスト、スタッフに結集してもらいました。あっという間の2時間、ご覧いただいて損はさせません。ご期待ください!」と自信を見せている。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事