チャイルドシート、約6割に取り付けミスあり - その内容は?

警察庁と日本自動車連盟(JAF)が実施した「チャイルドシート使用状況全国調査(2016)」で、約6割の人が自動車内のチャイルドシートを正しく取り付けられていないことが判明した。

チャイルドシート、正しく使えてますか?

同調査は、日本自動車連盟(JAF)などが2016年11月3日~15日の期間行ったもの。全国8地域、ショッピングセンターなど計16カ所で、自動車に取り付けられたチャイルドシート、425シートの取り付け状況を調べた。

その結果、乳児用のチャイルドシートについては60.0%、幼児用については61.4%にミスユースが見つかった。ミスの内容は、乳児、幼児ともに、「腰ベルトの締め付け不足」(乳児: 68.6%、幼児: 73.8%)、「座席ベルトの通し方」(乳児: 13.5%、幼児: 13.8%)が多かった。

約6割の人が、自動車内のチャイルドシートを正しく取り付けられていない※警察庁/日本自動車連盟(JAF)「チャイルドシート使用状況全国調査2016」より引用

また、着座状況についても、チャイルドシートを使用している6歳未満の子ども629名を対象に調べたところ、乳児用から学童用まで、41.4%の人にミスユースが見つかった。乳児用、幼児用では「ハーネスの締め付け不適正」(乳児用: 56.0%、幼児用: 42.1%)が最も多く、学童用では「体格不適合」(39.5%)、「座席ベルトのよじれ・ねじれ」(22.1%)が上位にあがっている。

チャイルドシートの正しい取り付け方や座らせ方は、日本自動車連盟(JAF)のホームページなどで確認できる。

※写真はイメージで本文とは関係ありません

関連キーワード

人気記事

一覧

2017年11月25日の運勢

イチオシ記事

新着記事