オカヤイヅミが、小嶋陽太郎の小説「ぼくのとなりにきみ」装画を担当

「ぼくのとなりにきみ」のカバーに使用されたイラスト。

オカヤイヅミが、小嶋陽太郎による小説「ぼくのとなりにきみ」の装画を手がけた。2月10日にポプラ社より刊行される。

「ぼくのとなりにきみ」は、中1の男女3人を中心に展開する青春小説。慎重で大人っぽいサクとスポーツ万能で天真爛漫なハセは、夏休みの最終日に町の古墳へと出かけ謎の暗号を拾う。その解読班に、いつも一生懸命だけどドジばかりでクラスから浮いている不思議な少女・近田さんが加わり、サクは無防備な笑顔やまっすぐに歌う姿を見るうち彼女に惹かれていく。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事