富士急、「マッスルモンスター」アジア初導入--崖の上に92のアクティビティ

富士急行は3月25日、神奈川県相模原市で事業展開する「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」にアジア初上陸の新アトラクション、鳥肌コロシアム「マッスルモンスター」をオープンする。

「マッスルモンスター」のイメージ

マッスルモンスターは、さがみ湖リゾートの特徴である大自然と起伏ある地形を最大限に生かし、園内で最も高い標高370mの山頂、更に崖に迫り出すような位置に、16.1mという高さで設置。あえて崖際という建設が困難な位置を選んだ理由として、「マッスルモンスターの持つ"絶景"や"爽快感"というポテンシャルを最大限に引き出し、来場者に最高の体験を提供したい」という想いからとのこと。若年層とシニア層を取り込むことで客層の裾野を拡大し、さがみ湖リゾートを3世代で楽しめる体験型複合リゾートへの進化を狙っている。

マッスルモンスターはさがみ湖リゾート山頂の崖際で、大空に向かってそびえ立つ六角形の巨大建造物。3階層のアスレチックエリアと屋上展望台で構成される施設の中には、崖に向かって伸びる一本橋や空飛ぶ自転車など、92種類のアクティビティがそろう。

海外の同型機種の事例

アクティビティの一部はあえて崖に迫りだすように配置させ、勇気を出して崖へと踏み出せば、空を翔ぶような絶景と真下に落ちるような絶叫を同時に味わうことができるという。また、展望台は5階建てのビルに相当する高さとなる。遊園地を囲む山々や相模湖を一望できるほか、天気が良ければ富士山を見えることも可能。展望台へは階段でアクセスできる。

海外の同型機種の事例

さがみ湖リゾートは、集客のターゲットをファミリーとして2009年にオープン。考えるアスレチック「ピカソのタマゴ」を皮切りに、「迷路百貨店」「ターザンマニア」などさまざまなアクティビティを展開し、"乗りものに乗って楽しむ"受け身の遊び方ではなく、"積極的に身体を動かして楽しむ遊園地"という魅力を提案。現在では、年間約40万人が訪れているという。

海外の同型機種の事例

マッスルモンスターの敷地面積は1,000平方メートルで、最大定員は120人。なお、身長120cm以上・体重120kgまでという利用制限を設ける。施設の詳細については、2月中旬に発表を予定している。

建設中のマッスルモンスター

マッスルモンスター級のアトラクションは、海外では既にヨーロッパやアメリカを中心に9カ国で稼働しているが、アジアでは今回が導入となる。なお、同型機種の内ではマッスルモンスターが最大級とのこと。

同社は、「日本に初上陸となるものなので、該当するガイドラインや法律がなく、導入までにはさまざまな苦労があったが、関係省庁と協議し新たなガイドラインを設けることで建設の認可を得ることができました。建設場所にも様々な候補地があったが、マッスルモンスターの持つ魅力を最も生かせる場所として山頂の崖際を選び、土地を大きく整備して建設予定地を確保しました。山頂に位置するマッスルモンスターでしか味わえない絶景体験を楽しんでください」とコメントしている。

マッスルモンスター最上階部分からの眺め

さがみ湖リゾートの所在地は神奈川県相模原市緑区若柳1634で、アクセスはJR中央本線「相模湖駅」下車からバスで三ヶ木行きに乗ってプレジャーフォレスト前下車、または、JR横浜線「橋本駅」下車からバスでプレジャーフォレスト前下車(バスは一度、三ヶ木バスターミナル乗り換え)。営業時間は9時~18時。入園料は大人1,700円、小人・シニア1,000円、ペット(犬)1,000円。フリーパスは大人3,900円、小人・シニア3,100円。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事