早大生協、Webサイトで学生の制作によるMacの魅力を紹介したムービーを公開

早稲田大学生活協同組合のWebサイトで、同大学の学部生が制作した、14項目に亘るMacの魅力を紹介したムービー「生協戸山学生委員会×Mac 動画ギャラリー」が公開されている。

Webサイトでは、Macの魅力を伝える14本のムービーが公開されている。ムービーは自分たちでiPhoneで撮影し、Macに付属している画像編集ソフト「iMovie」で編集されている。Macを使いこなす9人の学生は、それぞれに「Macのスキなところ」を語りかけるのだが、これが実によく分析できているのだ。ムービーの尺も最長で27秒と短めで、テンポ良くストレートに余すところなくMacの良さを伝えている。

今回は、早稲田生協の学生委員会(生協を良くするために活動している学生グループ)が、来年度の新入生向けパソコンとしてMacをどのように紹介するか学生の視点で意見を出し合い、映像を含めて販売企画に参加(主導)し、制作を進めたという。

生協戸山学生委員会の9名がムービーで取り上げている「Macのスキなところ」は以下の通り。

  1. Macはとても軽くてコンパクトなので、毎日学校に持ってくるのも楽です。
  2. Macは持っているだけでワクワクしてしまうデザインです。
  3. Macはスマホのように簡単に使えます。
  4. Macはレスポンスの良さがポイントです。
  5. スマホのように指で使えるマルチタッチトラックパッドは便利です。
  6. 普通にMicrosoftのExcel、Word、PowerPointが使えるのもオススメポイントです
  7. Macは画面が明るくてキレイで、とても見やすい。
  8. Macはとてもバッテリーが長持ちします。
  9. iPhoneと連携機能させると、さらに便利。
  10. Windowsパソコンにも変身してしまう機能がBootCamp機能。
  11. TimeMachineの自動バックアップ機能で、データまで安心です。
  12. 暗いところで使うとキーボードが光ります。地味に便利です。
  13. ライブ変換は、一度に文章を打ってもすべて自動で変換してくれるのでとても便利です。
  14. シンプルなデザインなので、ステッカーを貼ったりして個性が出せます。

また、大学生協のPRを目的として制作されたムービーもあわせて8本公開されている。

  1. 通常1年の自然故障に対応する保証が、4年間になります。
  2. 自分のミスで壊した時でも4年間、修理してもらえる保険がついています。
  3. 生協店舗のカウンターでサポートが受けられます。
  4. 年1回、生協主催の無料点検会で、プロによるMacの点検が受けられます。
  5. 最初に無料のセットアップ講習会が受けられます。
  6. Excel、Word、PowerPointの使い方が学べる講習会にも無料で参加できます。
  7. お得な生協組合員価格で購入できるので、かなりお得です。
  8. 先輩たち自らの声で選んだ最適な機種なので、4年間安心に使えます。

ムービーの公開期間は4月30日まで。早稲田大学・戸山キャンパスの大学生協では、2016年より、AppleのMacBook Airを推奨パソコンとしている。必要なパソコンを学生と一緒に考えた結果、価格帯、4年間しっかりサポートできるものということで、MacBook Airが選ばれたとのことだ。選定に際しては、教員にもヒアリングを行い、講義に際して支障がないことを確認した上で決定がなされた。

Macは大学側の主導でなく、あくまで生協と学生の自主的な活動の中で選ばれたものだ。また、生協は、販売するだけでなく、「ならでは」のサポートを提供し、学生は、新入生が使えるよう、上級生による委員会を構成。機種の選定から使い方の講習会、Macを検討するに際して参考となるパンフレットの制作などを行っている。

人気記事

一覧

新着記事