上田まりえ、"球春到来"の日に結婚「2人で最高のバッテリーを」

 

元日本テレビアナウンサーでタレントの上田まりえ(30)が1日、自身のブログを更新し、社会人野球・トヨタ自動車の竹内大助投手(26)と結婚したことを報告した。

上田まりえ

上田は「本日2月1日、愛知県豊田市役所に婚姻届を提出しました」と報告し、「2月1日は、私にとってとても思い入れのある日です。野球が大好きで、『野球と結婚したい!』と常日頃言っている私にとっての正月は、球春到来を告げるこの日です」と説明。また、同日に芸能活動1周年を迎えたことも報告し、「無事にこの日を迎えることができたのは、いつも応援してくださっている皆様のおかげです。本当にありがとうございます」と感謝した。

そして、竹内投手との馴れ初めについて、「2010年から3年半ほど付き合い、別れを経験し、昨年の秋に名古屋で再会しました。30才という節目の年に再会し、お互いの気持ちに気付くことができ、再会から結婚を決めるまで、時間はかかりませんでした」と明かし、「彼は私との関係においては、キャッチャーのような人です。私のどんなど直球も、真正面から受け止めてくれます」とつづった。

今後の生活については、「私の拠点は変わらず東京ですが、仕事のない日は豊田で生活をする予定です。愛知県民、豊田市民になります」とのこと。「彼は、野球のグラウンド。私は、芸能界というグラウンドで、日々試合をしています。互いにいい試合をするべく、日々鍛錬していく中で、私たちらしい夫婦の形を築き上げていきたいと思っております。2人で最高のバッテリーを組むことができるよう、それぞれの場所で頑張ります」と決意を記した。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事