iPhoneのヘルスケア・アプリで睡眠中の呼吸数を記録するIoT見守りシステム

リキッド・デザイン・システムズは、iPhone標準搭載のヘルスケア・アプリを利用して、睡眠中の呼吸データを記録できるIoT見守りシステムの試験導入用スターターキット「トロイメライ」の販売を開始した。受注生産となっているスターターキット一式の価格は480,000円(税抜き、導入サービス含む)

「トロイメライ」スターターキット一式。これらに加え1カ月の技術サポートがつく

本製品は、介護施設や保育園などで、睡眠中の幼児、高齢者の見守りを行う際、設置場所、アラートの出し方、利用する端末を実用に合うように試験するためのスターターキットである。本キットを利用することにより、IoT見守りシステム導入を検討している施設などで、本格導入の前に有効性を検証することができる。施設や病院の相部屋などでも使いやすいシステムとすべく、同時に4人までの睡眠状態を1台のiPadでチェックできるソリューションも開発し、音やアイコンを使ったシンプルな操作体系を採用した。

iPhone標準搭載のヘルスケア・アプリを利用して、睡眠中の呼吸データを記録

キットは、ベッドマットや布団もしくは枕の下に小型薄型のエアーパッドを設置し、人体と非接触で、睡眠中のバイタル情報(呼吸数)をiPhone標準搭載のヘルスケア・アプリに記録する。情報取得にはリキッド・デザイン・システムズが開発した独自のバイタルセンサーを利用。呼吸数だけでなく、離床/着床、体動を含んだ睡眠状態をリアルタイムでクラウドにも記録できる。

施設用ソリューションとしてiPad見守りアプリも用意。4人同時の見守りに対応する

さらにオプションとなっている、「Care Birdクラウド見守り支援システム(販売:三昌商事)」を利用すれば、遠隔見守りをiPhoneなどスマホやMac/PCのWebブラウザ上で行える。また、特許出願中の「Smartbcon(スマートビーコン)」を加えることで、高齢者の徘徊や室内の熱中症やインフルエンザのアラートを保護者にメール送信できるようになるという。

なお、本製品は4月19日より、東京・有明の東京ビッグサイトで開催される「ヘルスケアIT 2017」への出品が決まっている。

人気記事

一覧

新着記事