JR九州、特急「かわせみ やませみ」で実施"おもてなし"内容決定 - VR体験も

JR九州は3月4日のダイヤ改正でデビューする熊本~人吉間の特急「かわせみ やませみ」で実施する「おもてなし」の内容を発表した。車内サービスとしては珍しいVRゴーグルを使用した映像体験をはじめ、人吉球磨を体感できるコンテンツが用意される。

360度映像体験のイメージ。ラフティング体験と球磨川上空の映像

「かわせみ やませみ」の車内では、360度カメラで撮影した球磨川の空撮と、球磨川でのラフティングの様子の2種類の映像を提供。VRゴーグルの臨場感あふれる映像で人吉球磨の世界感を堪能できる。車内に設置するタブレット端末でも同じ映像を視聴できる。

2号車ビュッフェでは、球磨焼酎の車内販売を実施。28ある蔵元の中から「減圧・常圧・樽熟成」の3種類の焼酎を季節ごとに銘柄を替えて販売する。「球磨焼酎案内人」の資格を持つ客室乗務員も添乗する。球磨焼酎酒造組合によるPRや、地元でも手に入りにくい古酒などプレミア焼酎の特別販売も不定期に実施する。

車内販売を行う食事は、人吉球磨の旬の素材を楽しめるオリジナルの弁当と郷土料理「つぼん汁」のセットとなる。地元のフルーツを使ったケーキ2種類をセットにした「くまのスイーツボックス」や、球磨焼酎にぴったりな地元食材を詰め込んだおつまみセットも用意する。

客室乗務員の制服には、美しい縫製に定評のある「HITOYOSHI」が制作を手がけたオリジナルシャツを採用。「かわせみブルー色」と白のシャツの2種類があり、腕にはカワセミの鮮やかな体色を模したししゅうを施す。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事