仲間由紀恵がドラマで初めて殺される…『そして誰もいなくなった』日本初映像化

仲間由紀恵を主演に迎え、“ミステリーの女王”として名高いイギリスの女流作家、アガサ・クリスティの傑作推理小説『そして誰もいなくなった』が、日本で初めて映像化。二夜連続ドラマスペシャルとして今春、テレビ朝日系列にて放送されることが決定した。

1939年に刊行され、全世界で累計1億部以上を売り上げているこの作品は、絶海の孤島にあるホテルに招待された10人の客がひとり、またひとりと殺されていき、ついには全員が殺され、後日10体の死体が発見されるという“クローズド・サークルミステリー”の代表的作品。これまで何度も舞台や映画・テレビドラマとして上演、上映されてきたが、日本での映像化は今回が初。脚本を担当するのは数多くのサスペンスドラマを手がけてきた江戸川乱歩賞作家・長坂秀佳。そして監督はテレビ朝日『相棒シリーズ』で知られる和泉聖治が務める。

コミカルな役からシリアスな役、時には男を惑わす悪女まで幅広い役柄をこなしてきた仲間が演じるのは、孤島のホテルに招待され、不可解な連続殺人事件に巻き込まれていく元水泳選手の女性・白峰涼。ひとり、またひとりと周りの招待客が殺されていき、次第に精神的に追い詰められていく涼の心の機微を、仲間がどのように表現するのかに注目が集まる。

今作はそのタイトル通り、主要登場人物全員が死んでしまう(殺されてしまう)というストーリー。映画『リング0 バースデイ』(2000年)で貞子を演じた際、「ボコボコに殴り殺されて、井戸に捨てられた」経験がある間も、テレビドラマでは初めて“殺される”役に挑戦することになる。

この作品について仲間は、「台本、そしてもちろん原作も、読めば読むほど怖いお話。登場人物みんなが抱えている問題があり、実はそれが“人間の一番怖いところ”だった、ということがわかっていくラストまで、とても緊張感のある作品だと思います」とコメントしており、芝居については「自分たちの中にある“罪への真実”と向き合う間もなく殺されるという恐怖やパニック状態の表現は難しいところかな、と感じています」と語っている。

日本初映像化にふさわしく豪華キャストが集結。仲間演じる涼とともに孤島のホテルに招待される客として、渡瀬恒彦、津川雅彦、余貴美子、柳葉敏郎、大地真央、向井理、國村隼が、そして孤島のホテルの執事とその妻を橋爪功と藤真利子が。このメンバーに仲間は「大変豪華なキャスト陣で挑む今作ですので、大先輩方からたくさんの助言をいただきながら、記念すべき『そして誰もいなくなった』の日本初映像化作品を作り上げていきたいと思います!」と意気込んでおり、日本のミステリードラマの歴史に新たな1ページを刻む。


本記事は「テレビドガッチ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事