「出張が多いなら給与が低くなってもいい」が日本人は1割 - 世界では?

 

ブッキング・ドットコム・ジャパンは1月26日、ビジネス旅行者の出張に関する調査を発表した。

この調査では、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くなっても構わない」という世界のビジネス旅行者が30%にも上ることが明らかに。一方日本人は、「出張の機会が多い仕事なら、今より給与が低くなっても構わない」と答える人は世界でも最低の10%と、日本人にとっては、給与の方が出張の機会を得ることよりも重要であることがわかった。

過去1年間で、世界のビジネスマンの半数近くの49%が、出張期間を延長し異なる都市や国を旅行し、そのうち27%のビジネスマンが、2017年も同じように出張期間の延長を計画していると回答。また、回答者の46%が2017年は2016年よりも出張の機会が増えると思うとしている。

それに対し日本では、異なる都市や国を旅行するために出張期間を延長すると答えた人は、わずか22%と世界で最も低い数値に。また2017年よりも出張の機会が増えると思うと回答した人は、最高数値であるアメリカの61%に比べ、わずか18%とダントツに低い結果となった。

同社製品開発ディレクターのリプシー・バンドリアン氏は、「出張はもはや時間のロスや業務上やむを得ないものではなく、会社員が新たな可能性を模索し、キャリア形成を促す機会と見なされつつあります。新世代のビジネスマンには『ラップトップ&ラテ』と呼ばれ、出張にレジャーを取り込む『ブレジャー(ビジネス+レジャー)』旅行が注目されています」とコメントしている。

ブッキング・ドットコム・ビジネスで、過去1年間の予約数の増加に基づいた、ビジネス旅行者の間で人気が急騰している出張先都市のトップ10は、1位上海、2位東京、3位バンコク、4位広州、5位ニューヨーク、6位ブダペスト、7位シンガポール、8位香港、9位プラハ、10位アムステルダムだった。

調査は2016年9月、ブッキング・ドットコムが13の国(オーストラリア、ブラジル、デンマーク、スペイン、フランス、インド、イタリア、日本、ニュージーランド、タイ、イギリス、アメリカ、スイス)を対象に実施した調査「2017年の旅行トレンド」(回答者数1万2,781名)に基づいたもの。回答者は18歳以上で、2016年に1回以上旅行をし、2017年に1回以上旅行を計画、さらに旅行計画時のプランニングに関わっている旅行者。

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事