テリー伊藤、狩野英孝を猛批判「芸能界から出て行け!」「彼は加害者」

タレントのテリー伊藤が22日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)に生出演。17歳の女子高生との淫行疑惑が報じられ、謝罪会見で無期限謹慎を発表した狩野英孝について「芸能界から出て行け!」「彼は加害者」と厳しく批判した。

テリー伊藤

21日に行われた謝罪会見のVTRを見たテリーは「狩野英孝は被害者意識が強いね」とコメント。「彼女が狩野のことが好きで最初22歳って言った。17歳って言ったら付き合ってくれないと思ったから22歳って言ったのかもしれない」と推測し、「彼女に恋愛感情あるんだったら愛おしいと思わないと。自分のために年齢を偽っていたということ。なんで結婚しないの?」と意見を述べた。

続けて、「恋愛感情があるなら記者会見も2人で出てこないと」と話し、西川史子が「そこまでの気持ちはないんじゃないですか?」と言うと、「だから全部矛盾なんです」と発言。「彼女が悪者になっている。22歳って言った彼女を守らないで自分の保身だけ。で、謹慎ってお前が決めるな。お前が芸能界から出て行け!」と言い放った。

それに対し西川が「そこまで?」とやや驚くと、「それくらいの意識もってないと」と返し、「彼は恋愛関係が荒れている。何がいいか価値観がわからなくなっている。荒っぽく何人も付き合っているから7股8股のうちの一人なんですよ」と指摘。また、「彼は加害者だよ」と言い切った。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事