結婚指輪「つけていない」派は、「毎日つける」派のなんと2倍......! 既婚男性が結婚指輪をつけない理由とは?

 

結婚生活をスタートさせる上で、「結婚指輪は欠かせない!」と思う方は多いもの。たかが指輪かもしれませんが、ふたりの結婚を内外に示す重要なツール! しかし現実には、結婚指輪をしていない既婚者も多いもので……。先輩カップルたちは、結婚指輪をつけている?つけていない? 男女それぞれの意見をアンケートで聞いてみました。

■まずは先輩カップルたちの実情を知ろう!Q.結婚指輪は購入しましたか?

「購入した」……88.5%
「購入していない」……11.5%

約9割の先輩カップルが、「結婚指輪を購入した」と回答しました。やはり結婚指輪は「購入する」方がスタンダードだと言えそうです。さて、今回クローズアップしたいのはここから。結婚指輪を購入したと答えた88.5%の男女に、購入した結婚指輪の着用頻度について聞いてみました。

Q.結婚指輪をつけていますか?

<男性の回答>
「つけていない」……60.0%
「毎日つけている」……30.0%
「気が向いたときにつけている」……5.6%
「休日やお出かけのときだけつけている」……2.2%
「その他」……2.2%

<女性の回答>
「毎日つけている」……42.5%
「つけていない」……36.8%
「気が向いたときにつけている」……10.3%
「休日やお出かけのときだけつけている」……9.2%
「その他」……1.1%

女性は「毎日つけている」派が「つけていない」派を上回ったのに対して、男性は「つけていない」派が「毎日つけている」派の2倍という、衝撃の結果となりました。せっかく購入したのに、6割の男性が「身につけていない」なんて……! こうした状況に対して、既婚女性たちはどのように思っているのでしょうか。

■結婚指輪をつけない夫に対する、既婚女性のホンネとは?<別にいいよ!と思う女性たちの意見>

・「仕事中はつけれないらしいから仕方ない。つけたり、はずしたりしてると無くなる恐れがあるから」(女性/45歳/その他)

・「特になにも。セレモニーの小道具の一つだから」(女性/48歳/その他)

<やっぱりつけて欲しい!と思う女性たちの意見>

・「買った以上はつけるべきかな。仕事で外すにしてもそれ以外はつけて欲しい」(女性/31歳/その他)

・「初めは嫌だったが、アクセサリーに慣れていない男性なので、今は諦めている」(女性/32歳/その他)

結婚指輪をつけない夫に対し、浮気や下心を疑う声があるかと思いきや、意外にもそんな夫のスタイルを尊重する考えが多いことがわかりました。最初は少し「寂しい」と思っていても、徐々にその状況に慣れていってしまうケースも、多いのかもしれませんね。

■やっぱり気になる! 男性たちが結婚指輪を毎日「つけない」理由

・「以前はつけていたが、転職後、仕事のときにジャマになるから」(男性/49歳/専門店)

・「手仕事でボロボロになってしまうから」(男性/46歳/その他)

・「指が入らなくなってしまったから」(男性/43歳/コンピューター機器)

・「割と早い時期に紛失した」(男性/63歳/信用組合・信用金庫・労働金庫)

・「基本的に身につけるアクセサリーが嫌い。うっとうしくてダメ」(男性/60歳/その他)

・「金属アレルギーの為」(男性/48歳/その他メーカー)

男性たちが毎日結婚指輪を身につけない理由は、実に様々であることがわかりました。最も多かったのが「仕事の邪魔になってしまうから」というものでしたが、美しさをキープするためにあえて外している男性もいるよう。

「着けていない」と回答した人の年齢層に着目すると、比較的高めの傾向に。年齢を重ねることで、サイズが合わなくなったり、金属アレルギーになってしまったりと、物理的に着けられなくなったという意見が目立ちました。また、結婚当初とは手指やファッションも変わり、指輪を着けることが恥ずかしいと感じるようになったケースもあるようです。

これから結婚指輪を購入するという人は、これら先輩たちの実情を教訓に、長く着けられるデザインや素材、アフターフォローなどを重視して選ぶのもいいかもしれません。

■もしも妻に「つけて」と言われたら?Q.妻から「毎日つけてほしい」と言われたらつけますか?

「つける」……42.9%
「つけない」……54.0%
「その他」……3.2%

結婚指輪を毎日つけてくれない夫に対して不満を抱いたら、率直に「つけて欲しい」と伝えるのがベスト。気になるのは、その後の夫の対応についてなのですが、残念ながら、それでもなお「つけない」と考える男性の方が多いことがわかりました。ただその中には、上述したように物理的な理由でつけられない男性も含まれています。約4割の男性は妻の求めに応じる気持ちを見せていますから、結婚記念日などをきっかけに、お願いしてみるのもアリかもしれませんね。

■結婚指輪をつけない妻に対する既婚男性のホンネとは?・「そういう夫婦がいても良いと思う」(男性/41歳/専門店)

・「本人の意思だから」(男性/58歳/繊維)

・「不満はないが、ちょっと寂しい気がする」(男性/51歳/官公庁)

自分自身が結婚指輪をつけていない男性の場合、肯定派が圧倒的多数! たとえ結婚指輪を身につけていなくても、ふたりの気持ちが向き合っていれば問題はない、という意見も多くありました。指輪なしのスタイルが定着しているのでしょう。

反対に、自分自身が毎日指輪をつけているのに、妻がつけてくれていないという場合は、若干の寂しさを感じる男性も多いようです。アレルギーや仕事の都合など、明確な理由がない場合には「実は少し寂しい」なんて感じている方も多いのかもしれませんね。

■まとめ結婚準備でマスト!と思われがちな結婚指輪ですが、意外なことに男女ともに「つけていない」方も多くいることがわかりました。特に男性に至っては、「つけ続ける」人の方が少ないという驚愕の事実も発覚……! ですがこれも、永く生活を共にしていくうえで互いのスタイルを尊重し合った結果とも言えます。

大多数のカップルが購入する結婚指輪。大切なのは身に着けるかどうかよりも、結婚指輪の“意味合い”を、夫婦生活の中でふたりらしく実現していくことなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウェディング調べ(2017年1月実施、Web調査、既婚男性100人/既婚女性100人)


本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事