インフォア、需要計画ソリューション新製品「Infor Demand+」を提供開始

インフォアジャパンは1月17日、次世代の需要計画ソリューション「Infor Demand+」を日本国内で提供開始したと発表した。

同社はこれまでサプライチェーン計画管理ソリューション「SCP」の一部として、需要計画ソリューション「Infor Demand Planning」を提供してきた。

「Infor Demand+」は、「Infor Demand Planning」の機能を引き継ぎつつ、Webベースのアーキテクチャに刷新されており、予測・分析機能が向上している。

具体的には、需要計画の妨げになる要素を最小化するよう設計の改良が行われており、在庫ポリシーの最適化が向上され、柔軟なルールでの分類が可能になった。

また、あらゆる需要計画に意思決定を支援する分析機能が中心的となるよう設計されており、直感的に使いやすいユーザーインタフェースとなっている。

そのほか、サプライチェーンに関わる社内外の複数のユーザー同士がコラボレーションできるよう、ソーシャルコラボレーションプラットフォーム「Infor Ming.le」と統合されている。

Infor Demand+はオンプレミスの形態で提供され、今後、クラウド(SaaS)での提供を予定している。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事