綾瀬はるか、『本能寺ホテル』のロケで虫の被害「眠れない夜が続いてました」

公開初日を迎えた映画『本能寺ホテル』の舞台あいさつが14日、東京・六本木のTOHOシネマズ六本木で行われ、綾瀬はるか、堤真一、濱田岳、平山浩行、田口浩正、高嶋政宏、近藤正臣、風間杜夫、鈴木雅之監督が出席した。

映画『本能寺ホテル』の公開初日舞台あいさつ綾瀬はるか(左)、堤真一

綾瀬はるかと堤真一がダブル主演を果たした本作の初日舞台あいさつに、綾瀬と堤を含めた総勢8人のキャストと鈴木監督が勢揃い。戦国時代を舞台にした本作にちなみ、8人のキャスト陣は和装姿で登場した。晴れやかな振り袖の綾瀬は「(着物を着れて)うれしいです。男性陣に囲まれて恥ずかしい気持ちもありますが、お正月気分を引きずった感じですね」と笑顔を見せながら、昨夏に行われたロケの話題となると「すごく熱い真夏の撮影だったので、アブやブヨが一瞬の内に私の足に…。お寺の撮影も多く、藪の中だったので足が8カ所ぐらいボコボコになり、痒くて眠れない夜が続いてました。人生で1番痒かったですね」と告白。そんな綾瀬について堤は「それが綾瀬さんだけだったんです。本人は蚊に刺されただけだと言ってましたが、血がでるまでボリボリかいてました」と明かした。

織田信長ら戦国武将が登場する本作にちなみ、「このメンバーが戦国武将だったら、誰が天下統一を成し遂げる?」という質問に、登壇者のほとんどが綾瀬を指名。「俺は嫌だな。こんなすっとこどっこい」と堤だけ否定したが、鈴木監督が「リーダーなんて綾瀬はるかぐらいフラフラしてないとダメなんです。変わらないカリスマ性を持っていますので」と絶賛すると、当の綾瀬は「え~! いいんですか?」とすっかりその気に。とはいえ、近藤から「初日の撮影が終わってから固いみたらし団子を渡されて『これ召し上がってください。カチカチになっているからチンすれば食べられますよ』と。ホテルに"チン"あるか?(笑)」と暴露され、風間からも「女優らしからぬ言葉を口にするんです。お腹痛いという時に『水みたいなの~』って言うんです。そういうことは言っちゃダメ! 状態まで言わなくていいんです(笑)」と指摘されたが、当の綾瀬はあっけらかんとしていた。

同映画は、戦国時代と繋がる不思議なホテル"本能寺ホテル"に宿泊したことをきっかけに、綾瀬はるかが演じる主人公・倉本繭子が、天下統一を目前に控えて本能寺に滞在していた織田信長(堤真一)と出会い、騒動が巻き起こるというストーリーが展開する。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事