はるやま、残業ゼロの社員に「No残業手当」支給 - 4月から1万5,000円

 

はるやまホールディングスは1月12日、月間の残業時間がゼロの社員に対し、月ごとに1万5,000円を支給する「No残業手当」制度を2017年4月度から導入すると発表した。これにより、残業をしない生産性の高い社員を評価する。

「スーツで日本を健康にする」宣言に基づき、残業ゼロの社員に「No残業手当」を支給する

残業時間ゼロを推進

同社は2015年12月、「スーツで日本を健康にする」宣言のもと、3つの約束「1.健康をサポートする機能性商品を開発します」「2.店舗を地域の健康支援の拠点となるようにしていきます」「3.社員の健康を応援し、まず社内から健康で元気になります」を公表。今回の新制度は、3番目の約束の実現に向けた施策の一環として行う。

対象は正社員1,267人(管理監督者を除く)。実働残業手当が発生した場合も、月間1万5,000円未満の実働残業手当の社員については、「No残業手当」として1万5,000円から実残業手当分を差し引いた分を支給する。例えば、8,000円の実働残業手当が発生した場合は、実働残業手当8,000円+No残業手当7,000円(1万5,000円-8,000円)を支給する。

同社は、社内環境整備を進める中で、残業を無くすためには全社員の意識改革が必須と考え、「残業をしない社員が得をする」という制度を発案。また、同制度は「現在の売上維持と残業0時間により予想される企業利益を、個々の社員へ還元する新たな仕組み」と説明している。

今後については、「より一層の働きやすい環境創出とともに、残業による心身への過重な疲労を削減し、全社員の健康を積極的に推進していく」としている。

関連キーワード

転職ノウハウ

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事