ラックとブロードバンドタワー、データセンターのセキュリティ対策で協業

ラックとブロードバンドタワーは1月12日、ブロードバンドタワーのデータセンターサービス利用者をサイバー攻撃から保護するため、ラックが提供する「Secure Net」を活用した共同利用型セキュリティ監視サービス「BBTower Secure Net」を2月中に提供開始すると発表した。

ブロードバンドタワーのセキュリティ監視サービス概念図

これまで、ブロードバンドタワーはデータセンター事業およびクラウド型ホスティングサービス「C9 Flexサービス」を提供しており、設立当初からのデータセンター事業、そのデータセンターと連携するクラウドサービスを提供し運営する中で、サイバー攻撃による利用者への危険性を鑑みて、セキュリティ対策強化を検討してきた。

今回、ブロードバンドタワーはBBTower Secure Netを提供することで、大企業・団体・組織と同等レベルのセキュリティ対策サービスを提供するほか、コストやセキュリティ人材不足、監視体制の不備といった課題の解決を支援していくという。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事