鈴木砂羽、インフルエンザで舞台公演中止 - インフル流行で影響相次ぐ

女優の鈴木砂羽がインフルエンザに罹ったことが10日に発覚し、出演予定だった舞台『世界』が3日間の公演中止となった。

鈴木砂羽

同作は、劇作家・演出家である赤堀がシアターコクーンとタッグを組んだ3作目。千葉県船橋市を舞台に、風間演じる父親・義男を中心とした家族の人間関係を描く。10日に初日前会見を行ったが、鈴木は体調不良のため欠席、公開稽古も中止となっていた。

中止となるのは、初日の予定だった11日19時公演、12日14時公演、13日14時公演の3公演。チケット代金、チケット郵送料、発券手数料、チケット返送費が返金となる。手続き方法はbunkamura公式サイトに掲載されている。

インフルエンザ流行による公演中止は続いており、昨年11月には、妻夫木聡主演の舞台『キネマと恋人』が4公演中止に。妻夫木、緒川たまき、三上博史の3人の罹患が発表された。また、12月にはフィギュアスケーターの本田真凜選手や羽生結弦選手がインフルエンザにより試合を欠場するなど、様々な影響を及ぼしている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事