iPhone、発表から10年 - 革命はまだまだ続く

AppleのiPhoneが発表されてから、1月9日(米国時間)で10年となる。これに合わせて、AppleはNewsroomのページで、「iPhone at ten: the revolution continues(iPhone十周年:革命は続く)という記事を公開した。

在りし日のスティーブ・ジョブズ氏

iPhoneが登場したのは、2007年1月9日、米サンフランシスコにて開催された「Macworld 2007」でのことだった。当時のCEOである、スティーブ・ジョブズ氏は、タッチコントロールのできる大画面のiPodにして、革命的な携帯電話、ブレイクスルーとなるインターネットでのコミュニケーション 機器と、iPhoneを紹介。現在までに10億台以上を販売し、世界中の人々の生活を豊かにし続けている。ハードウェア、ソフトウェア、サービスを統合する形で登場したiPhoneのプラットフォームは、急速な成長を遂げ、人々の生活に欠かせない数百万のアプリと共に、iPadやApple Watchなどの派生製品を生み出した。

現在までに10億台以上を販売したiPhone

現CEOのティム・クック氏は、公開されたページで、iPhoneは我々の顧客にとって、生活の中で不可欠な存在となっており、これまで以上にコミュニケーション、エンターテイメント、仕事、そして生活様式を再定義している、iPhoneは最初の10年間でモバイルコンピューティングの標準を確立したが、最高の時は未だ訪れていない、とコメントしている。

初代iPhoneと最新のiPhone7 Plus

また、ワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデントであるフィル・シラー氏は、初代iPhoneから最新のiPhone7 Plusに至るまで、他社製のすべてのスマートフォンが目指すゴールドスタンダードになっていることを指摘しつつ、我々の生活の中で最も不可欠なデバイスになっていることを強調。さらに、我々は、iPhoneで音声とFaceTimeオーディオを使って通話し、Live Photosと4Kビデオを撮影して共有し、ストリーミング音楽を聴き、SNSを利用し、ゲームをプレイし、道順や新しい場所を見つけ、メールをやりとりし、連絡先やカレンダーの管理し、Podcast、TVや映画、スポーツを視聴し、フィットネスや健康管理を行ってると続け、iPhoneはこれら以上のことができる存在になっていること、そして、そういったことが未だ始まったばかりであると信じているとメッセージを送っている。

新しいiPhoneが発売される時はいつも、世界中がお祭り騒ぎ

Appleは今月末に2017年度第1四半期決算を報告することを明らかにしているが、そこでiPhone 7シリーズの売上が反映された数字が出てくる。こちらにも注目が集まることだろう。また、今年登場するだろうと予想される次期iPhoneは弥が上にも期待が高まる。これからiPhoneが我々の生活をさらに変革し、どのような世界を切り開いていくのかもまた楽しみである。

人気記事

一覧

新着記事