AKB48、"紅白選抜"でリハーサルも指原「やりようが…」メドレー中に順位発表

アイドルグループ・AKBが30日、東京・渋谷のNHKホールで『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行った。今年は本番に出演できるメンバーを一般投票で決める"紅白選抜"企画を実施しており、きのう29日に発表された48人が登場した。

リハーサルを行ったAKB48

48人の順位は本番で発表するという同企画。「夢の紅白選抜SPメドレー」として、1曲目で「RIVER」を歌った後、「フライングゲット」の音楽に合わせてスクリーンに上位16人が発表され、その16人で「君はメロディー」を披露する。

リハーサルでは今年の総選挙の結果で順位発表が行われ、仮の1位となった指原が「君はメロディー」でセンターに。全員が仮の立ち位置でパフォーマンスした。指原は、"1位"として司会者とやりとりを交わし、「本番のどうなるのかわからないので、リハーサルのやりようがない」と本音を漏らした。

総監督の横山由依は「よろしくお願いします」と代表であいさつし、この紅白選抜で「リベンジで1位をとりたい」と宣言していた渡辺麻友の姿も。AKB48の卒業を発表している小嶋陽菜と島崎遥香も登場し、島崎は珍しいめがね姿で参加した。

今年の紅白のテーマは「夢を歌おう」。紅組司会を有村架純、白組司会を嵐の相葉雅紀、総合司会は武田真一アナウンサーが務める。出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。昨年は紅組が4年ぶりに勝利し、通算成績は紅組30勝、白組36勝。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事