欅坂46・菅井、紅白司会の相葉&有村との対面に感激「実在されているんだ」

アイドルグループ・欅坂46が29日、東京・渋谷のNHKホールで、『第67回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか 12月31日19:15~23:45)のリハーサルを行い、報道陣の取材に応じた。

『第67回NHK紅白歌合戦』のリハーサルを行った欅坂46

今年4月にシングル「サイレントマジョリティー」でデビューしてから、約8カ月で紅白初出場をつかんだ欅坂46。この日のリハーサルでは、紅組司会の有村架純と白組司会の嵐・相葉雅紀と面談を行い、菅井友香は「ずっと見ていた方だったので、実在されているんだなとびっくりした」と率直な感想を語り、2人から「頑張ってね」と励まされたと明かした。

同じ坂道グループの先輩である乃木坂46とそろっての出場となるが、菅井は「お会いしたときにはいつも声をかけてくださる」と話し、「先輩方が気付いてくださった道があっての紅白出場なので、先輩方に感謝している。足を引っ張らないように私たちらしいパフォーマンスができたら」と意気込んだ。

今年の紅白のテーマは「夢を歌おう」。紅組司会を有村架純、白組司会を嵐の相葉雅紀、総合司会は武田真一アナウンサーが務める。出場歌手は紅組23組、白組23組の合計46組。昨年は紅組が4年ぶりに勝利し、通算成績は紅組30勝、白組36勝。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事