スズキ、新プラットフォーム採用の新型「スイフト」を発表-安全装備も充実

スズキは12月27日、全面改良した小型乗用車「スイフト」を2017年1月4日に発売すると発表した。

新型「スイフト」

新型「スイフト」は、大胆に進化した躍動感のあるスタイルとしながら、歴代スイフトが磨き続けたハンドリング性能のさらなる向上に加え、マイルドハイブリッドや軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム「HEARTECT」の採用および熱効率の向上によって低燃費を追求した1.2L自然吸気のデュアルジェット エンジンにより、優れた走行性能と燃費性能を両立した。

さらに同社初の装備として、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」を採用。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能も付加した。前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させている

価格は134万3520円~170万4240円。スズキは月間3000台の販売を目指すとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事