ミリメーター、3D計測して女性靴をオーダーメイドできるサービスを開始

ミリメーターは、足を計測して3Dプリンタで木型を制作し、1人1人の足に合ったパンプスをオーダーメイドできるサービスを、東京都・市ケ谷の「シューズカフェ」にて開始すると発表した。提供開始は2017年1月18日。オーダーメイドパンプスの価格は8万円~(足の3D計測と木型データ製作を含む)。

3Dプリンタで作られた3D木型を使って、それぞれの足に合う靴を製作する

このたび同社が開始するのは、靴職人による足の計測と木型の製作過程をデジタル化し、骨の形状から腱膜の構造を科学的に解析して、3Dプリンタで製作した1人1人の足の特徴を反映させた「木型」を使って、一人一人の足に合うパンプスを手軽にオーダーメイドできるサービス。実際の足を全方位から3D計測して木型を作るサービスは日本初だという。

ヒールがあり靴ひもによる調整のできないパンプスのオーダーメイドは、靴の中でも最も難易度が高いとされているが、木型を用いることで抜群のフィット感を提供できるうえ、データ化しておくことで足に合った靴をいつでも注文できるというメリットがあるということだ。

日本初の3D技術によって究極のフィット感を実現

同社は、今後蓄積されていく足と靴の相関データ(ビッグデータ)をAIで解析し、人工知能と同社が開発したIoTキットを活用することで、木型製作の工程の完全自動化を目指すとしている。

なお、サービス開始に先駆けてプレオープンした東京都・市ケ谷の「シューズカフェ」では、オーダーの先行予約を受け付けている。すでに多くの問い合わせや予約が入っており、一般販売開始後しばらくは数か月程度の順番待ちになることが予想されるとしている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事