JR北海道、札幌~函館間をニセコ経由で結ぶ臨時特急「ニセコ」を1月に運行

JR北海道は1日、「大人の休日倶楽部パス」の設定期間である2017年1月19~31日の13日間、札幌~函館間をニセコ経由で結ぶ臨時特急「ニセコ」を運行すると発表した。

臨時特急「ニセコ」として運行予定のニセコエクスプレス車両(JR北海道提供)

臨時特急「ニセコ」は3両編成のニセコエクスプレス車両(指定席2両・自由席1両)で運行される予定。車両運用の都合により、運転日によっては異なる車両が使用される可能性もあるとのこと。1日1往復設定され、運転時刻は上り(函館行)が札幌駅7時57分発・函館駅13時15分着、下り(札幌行)が函館駅13時56分発・札幌駅19時27分着。運行中、飲むヨーグルトなど地元特産品の車内販売を実施する。

上り・下りともに新函館北斗駅で北海道新幹線に接続し、上り便は同駅13時35分発・東京駅18時4分着の「はやぶさ24号」に接続。下り便は東京駅9時36分発・新函館北斗駅13時38分着の「はやぶさ11号」からの接続となる。これを活用すれば、東京・仙台方面から一度の乗換えだけで北海道有数のウィンターリゾート地であるニセコへ、当日中に移動することが可能だ。

臨時特急「ニセコ」は小樽回りで運行されるため、通常は札幌での乗換えが必要となる函館~小樽間が乗換えなしで移動できるメリットも。所要時間は約4時間半で、札幌経由と変わらない。「ニセコ」が利用できる札幌発着の旅行商品も設定される予定となっている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事