HHKBキーボードが20周年、初代~最新モデルまでの歴史をまとめた特設サイト

PFUは22日、同社のコンパクトキーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズが販売開始20周年を迎えることを記念し、特設サイトを開設した。あわせて、同日から記念キャンペーンを開始する。

HHKB20周年特設サイト「HHKB HISTORY ~HHKB 20年の軌跡~」

HHKBは1996年12月に販売開始し、2016年12月で20周年となる。初回の販売台数は500台だったが、この20年間で累計40万台を超える台数を出荷した。

HHKBを提案した東京大学名誉教授の和田英一氏は、販売開始20周年に寄せ「HHKBはヴァイオリンのようにキーボードの完成形に近いかとも考えてしまう. 私はHHKBを提案しただけだが, PFUがそれを製品化し,改良を続けたからであって, この機会にPFUに感謝したい.」とコメントしている。

Happy Hacking Keyboard初代モデル(1996年12月、写真奥)と最新モデル(2016年4月、写真手前)

特設サイト「HHKB HISTORY ~HHKB 20年の軌跡~」では、HHKB初代モデルの開発から最新モデルに至る20年の歴史が紹介されている。

記念キャンペーンでは、直販限定で「20周年記念 特別キーボードルーフセット」を発売。Bluetoothモデル「HHKB Professional BT」または静音モデル「HHKB Professional Type-S」のいずれかと、キーボードを埃や汚れから守る特別キーボードルーフのセットを、限定200セット販売する。

また、Twitterまたはブログで、キーボードへの想いやこだわりについて投稿したユーザーの中から抽選で100名に、20周年記念ロゴ入りオリジナルトートバッグが当たる「私のこだわりキーボード!投稿キャンペーン」も実施。応募期間は2016年11月22日~同年12月18日までとなる。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事