Windows 10、デフォルトシェルをコマンドプロンプトからPowerShellへ変更

Hello, we are fossBytes.

fossBytesに11月19日(米国時間)に掲載された記事「Microsoft Replaces Command Prompt With PowerShell As Windows 10 Default Shell」が、Windows 10のデフォルトシェルがコマンドプロンプトからPowerShellに変更されると伝えた。Windows 10 Insider Build 14971ですでに入れ替えが実施されたと説明がある。

Windows 10 Insider Build 14971では、これ以外にもMicrosoft EdgeでEPUB電子ブックを読む機能や新しいPaint 3Dアプリケーションの導入などが実施されている。

今後、Microsoftがコマンドプロンプトをどこまでサポートするかは不明。コマンドプロンプトはこれまで長期に渡ってデフォルトのシェルとして使われてきたことから、今後もサポートは継続され続けるのではないかとみられる。

Windows 10 Insider Build 14971よりも前のバージョンでは「Windowsキー+Xキー」で表示されるメニューからコマンドプロンプトを起動することができるが、Windows 10 Insider Build 14971以降はPowerShellがメニューに表示されるようになる。引き続きコマンドプロンプトを表示させたい場合には、「設定」→「個人用設定」→「タスクバー」から変更用のオプションを有効にすればよい。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事