ポケモンGO、やめた理由は?

ジャストシステムは11月16日、「位置情報アプリに関する実態調査」の結果を発表した。同調査は11月10日~14日、スマートフォンを所有する10~50代の男女1,106名を対象に、インターネットで行われた。

「ポケモンGOの使用について」

「ポケモンGOの使用」について聞いた結果、スマートフォン所有者の23.7%が「現在利用している」と回答し、2016年7月調査時点の利用率39.8%を下回った。2016年7月調査時に最も利用率が高かった20代(60.7%)の現時点における利用率は29.9%で、20代に限って見た場合でも大きく利用率が下がっていることがわかった。

「ポケモンGOの利用をやめた理由」

「ポケモンGOの利用をやめた理由」を聞くと、「つまらないから」(53.3%)や「バッテリーの消費がはげしすぎるから」(40.9%)という意見が多かった。以降、「自分の住んでいる地域では欲しいポケモンがでないから」(23.3%)、「自分の住んでいる地域では余りポケストップがないから」(19.3%)、「自分の身の回りの人が余りやらなくなったから」(17.9%)、「ポケモンGOが原因の自己についての報道が気になったから」(17.3%)、「課金をしたくないから」(14.4%)と続いた。

「ポケモンGOを続ける理由」

一方、「ポケモンGOを続ける理由」については、「欲しいポケモンをまだ手に入れてないから」(41.6%)が1位に。以降、「楽しいから」(38.2%)、「何となく」(35.9%)、「他のゲームに比べて手軽で簡単にひまつぶしができるから」(31.3%)、「もともとポケモンが好きだったから」(30.9%)となった。

「新ポケモン追加に関する継続意向」

ポケモンGOの利用者に、「新たなポケモンが追加されたら、どれくらい利用を継続するか」を聞いたところ、およそ4人に1人が「12カ月以上」(23.3%)と回答。「6カ月~12カ月未満」(7.6%)と合わせると、利用者の3割超が半年以上継続する意向があることがわかった。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事