日立、人工知能を活用してマーケティング施策を立案するサービス

日立製作所は10月24日、小売・流通業や消費財メーカーなどに向け、日立の人工知能「Hitachi AI Technology/H」を活用し、顧客の購買単価や商品の購買率などを高めるマーケティング施策立案を可能とする「顧客ロイヤルティ向上サービス」を10月27日から販売開始すると発表した。価格は個別見積もり。

同サービスは、顧客属性や商品属性を、顧客の趣味嗜好や購買単価などさまざまな軸で詳細に分析し、マーケティング施策のターゲットを明確化する2つのサービスと、人工知能を活用したさらなる分析により施策候補を具体的に提案するサービスの、計3つのサービスから構成される。

「顧客ロイヤルティ向上サービス」の概要

「優良顧客分析サービス」は、購買履歴や商品属性などのデータを用いて、顧客の購買単価や頻度、商品の購買率などが分析可能なシステム環境を提供し、現状のマーケティング課題の把握を実現する。

さらに、趣味嗜好に着目して顧客層を捉えることができる「顧客インサイト分析サービス」による分析を加えることで、顧客の趣味嗜好を踏まえて、顧客ロイヤルティ向上施策のターゲットとすべき顧客層や好まれている商品などの深掘り、明確化が可能になる。

3つ目のサービス「Hitachi AI Technology/業務改革サービス」は、人工知能「Hitachi AI Technology/H」により、購買履歴や過去の販売施策、購買チャネルやアクセスログなどからなる膨大なデータを分析し、設定したKPIが最大となる顧客の購買行動パターンを抽出する。抽出されたパターンをもとに、日立がマーケティング施策の候補案をレポートとしてまとめ、提案を行う。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事