結婚後もガンガン使える! 婚約指輪5選

 

堅実で実用的な印象の「結婚指輪」と比較すると、華やかで場を選ぶ印象なのが「婚約指輪」です。デザインや価格、そしてダイヤモンドのクオリティーにこだわる方が多い反面、「結婚後は出番が少ない……!」なんて、残念なお悩みを抱える方も。そこで今回は、結婚後でもガンガン使える、婚約指輪を5つ紹介します。

■ファッション性の高い JUPITER BLANTELIE 「JUPITER confesseリング」フォーマルな場で使うものと考える人が多い婚約指輪ですが、「もっとカジュアルに使いたい!」「デニムにだって合わせたい!」と思うなら、華やかさと共に指なじみの良いデザインのリングを選ぶのがオススメ。

JUPITER BLANTELIE(ジュピターブラントリエ)の「JUPITER confesseリング」は、良い意味で主張し過ぎない「落ち着き」が魅力。センターに華やかなダイヤモンドをあしらいながらも、それを支える腕部分がセンターに近づくにつれ細くなるデザインなので、見る人に華奢な印象を与えます。またゴールドの優しい色合いは、日本人の肌にもなじみやすいもの。普段着の中のオシャレアクセントとして、大人の上質を取り入れてみてはいかがでしょうか。

<参考情報>
K18PG Dia 0.2ct up~
¥286,200(税込) ~

■上品なダイヤの輝き ORECCHIO 「aman AE-1302-K」

婚約したばかりのウキウキした気分にはピッタリの華やかなデザインの指輪も、結婚後、数年数十年が経過すると「若々しすぎて使いづらい」なんて感じてしまうことも…。先を見据えて、あえてシックで落ち着いたデザインを選択してみるのもいいかもしれません。

ORECCHIO(オレッキオ)の婚約指輪 aman(アマン)シリーズの中でも、特に人気が高いのが「AE-1302-K」。エメラルドカットを施したダイヤモンドを、あえて横向きに配置することで、直線的なデザインを目指しています。落ち着きを感じさせるデザインは、年齢を重ねた女性にもしっくりと似合うもの。もちろん婚約指輪としての華やかさも忘れてはいません。「普段使いをしたいから」という理由で選択する女性が多いのも、頷けるデザインになっていますよ。

<参考情報>
ゴールド Dia メイン 0.20ct~
¥207,360(税込) ~

■ダイヤが引っかからない NINA RICCI 「B093」

立て爪で一粒ダイヤを留めるソリティアは「ザ・婚約指輪」といった華やかなデザインで、憧れる女性も多いはず。しかし一方では、「立て爪をひっかけやすい」という特徴もあります。

その点、NINA RICCIの「B093」は、「はさみ留め」という技法を採用。リング中央に大きめの一粒ダイヤを配置しているにも関わらず、「爪」の部分が存在しません。華やかさは維持しながらも、高さは抑えたデザインとなっていますので、「ひっかける」「ぶつける」などのトラブルを避けることができます。

<参考情報>
Pt900 Dia 0.15ct~
¥304,560(税込) ~

■丈夫な素材のエタニティリング L'or 「LPP130ET」

「使いやすさ」という点を重視するなら、同サイズのダイヤが途切れなく並ぶデザインの「エタニティ」や「ハーフエタニティ」です。ダイヤが飛び出していない分、実用性もバッチリ。キラキラとした自然な輝きは、華やかさも演出してくれます。

L'or(ロル)の「LPP130ET」は独自の金属加工技術を用いて、高い強度を実現したエタニティリングです。使われているのはウルトラハードプラチナ999。プレス製法で加工することで、通常よりもさらに密度が高められています。ぐるりと囲んだダイヤモンド、一つ一つの留め方にまでこだわっており、傷に負けずに日常使いできることでしょう

<参考情報>
Pt999 Dia 0.03ct×24~
¥410,400(税込) ~

■結婚指輪と重ね着けできる TRECENTI 「フローラ」

華やかな婚約指輪を日常の中に取り入れるため、近年はマリッジリングと重ね着けして楽しめるタイプも人気を集めています。より一体感を高めるなら、最初から重ね着けできるよう計算されたセットリングを選んでみてはいかがでしょうか。

TRECENTIの「フローラ」は、ダイヤモンド留める爪を花びらのように表現した「フローラセッティング」が特徴。可憐なピンクダイヤモンドがそっと寄り添い、ゆるやかなウェーブラインは女性らしさを演出してくれます。バランスのとれた美しいフォルムは、メレダイヤ付きの結婚指輪とピッタリと重なり、一層華やかに、違和感なく身につけることができます。

<参考情報>
婚約指輪:¥190,000(税込) ~
結婚指輪:¥127,000(税込)


婚約指輪を選ぶ段階から「結婚後の使い方」まで見据えておくことで、後悔のないチョイスができそうですね。気になる指輪を見つけたら、ぜひご自身の指でその感触を確かめてみてください。

(ファナティック)

※掲載しているアイテムはすべて2016年9月現在のものです。

※画像はイメージです


本記事は「マイナビウエディング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事