ソニー、音声や首の動きでスマホを操作できる「Xperia Ear」を国内販売

ソニーモバイルコミュニケーションズは6日、Xperiaブランドのパーソナルアシスタントデバイスとして、イヤホン型の「Xperia Ear」を国内販売すると発表した。11月18日に発売し、価格はオープン。推定市場価格は税別20,000円前後。

Xperia Ear

専用充電ケース

Xperia Earは、片耳にはめて使うイヤホン型のスマートプロダクト。2016年9月にドイツで開催されたIFA 2016でも公開された。XperiaをはじめとするAndroidスマートフォンとBluetooth連携し、電話の受話や発信、メッセージ送受信、ナビゲーション、検索といった機能を音声で操作することが可能。

例えば「○○さんにメッセージを送信」と話すことで、SMSが起動し、続いて伝えたいメッセージも音声で入力できる。メッセージを受信すると、読み上げて内容を知らせてくれる。また「東京の天気は?」と話しかけると天気予報アプリを、「○○について教えて」と話すと、Wikipediaを参照して結果を読み上げてくれる。

対応するアプリは、メッセージ系ではSMS、Eメール、Gmail。SNSではLINE、Messenger、Twitter。このほか、電話や天気、カレンダーなどにも対応する。内容を通知するアプリの設定などは「ホストアプリ」から可能。「ホストアプリ」はGoogle Playで配信するという。

本体に近接センサーやジャイロセンサーなどを内蔵し、耳にはめたことを自動で認識するほか、「メッセージを送りますか?」というXperia Earからの問いかけに対して、「はい/いいえ」といった音声での返答に加えて、うなづく/首をふるといったジェスチャーでの操作をサポートする。

バッテリーを内蔵し、連続通話時間は約4時間、連続待ち受け時間は約50時間。充電は同じくバッテリーを内蔵した付属の専用ケースに収納して行う。

動作環境は、Android 4.4以降、Bluetoothのバージョンは4.1、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP。このほかNFCを搭載。IPX2相当の防滴性能を持つ。本体サイズと重量はXperia Ear本体が、約W15.2×D29.3×H24.3mm/約6.6g。充電ケースが約W29×D41×H60mm/約39g。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事