女性が格安SIM購入に踏み切れない理由、1位は?

NTTコミュニケーションズは9月30日、「スマートフォンに関する意識調査」の結果を発表した。同調査は9月13~14日、20~40代の女性500名を対象に、インターネットリサーチを実施している。

「生活費の中で、節約したいと思っているものは何ですか」

「生活費の中で、節約したいと思っているもの」を年代別に聞いた。20代の1位は「スマートフォンの利用料金」(61.4%)だった。次いで2位は「飲食費」(46.4%)、3位は「水道光熱費」(45.8%)。以降、「ファッション・衣料購入費」「趣味・娯楽費」(どちらも22.3%)となった。

30代の「スマートフォンの利用料金」(78.4%)が1位。次いで「水道光熱費」(49.7%)、「飲食費」(44.9%)となった。以降、「保険料」(22.8%)、「ファッション・衣類購入費」(19.2%)と続いた。

40代の1位は「スマートフォンの利用料金」(70.7%)だった。以降、「水道光熱費」(58.7%)、「飲食費」(43.1%)、「保険料」(30.5%)、「ファッション・衣類購入費」(18.0%)となった。

「格安スマホ・格安SIMの購入を検討したことがあるか」を聞くと、70.4%が「ない」(「あまりない」27.5%+「ない」42.9%)、29.6%が「ある」(「あまりない」+「ある」)と回答した。

検討したことが「ある」と回答した人に、「格安SIMの購入に踏み切れない理由は何か」を聞くと、1位は「サービスや契約内容が分からず不安」(40.8%)だった。次いで「街中にお店がないので、故障や操作などの相談ができない」「契約更新のタイミングでない(「2年縛り中」違約金が発生する)」(どちらも29.6%)、「SIMを差したり、設定したりするのが難しそう」(24.8%)となった。

「格安SIMの購入に踏み切れない理由は何か」

「残りのデータ通信量を心配しながらスマートフォンを利用したことがあるか」を聞いたところ、54.8%が「ある」(「よくある」27.0%+「ある」27.8%)、45.2%が「ない」(「あまりない」21.2%+「ない」24.0%)となった。

「残りのデータ通信量を心配しながらスマートフォンを利用したことがあるか」

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事