55歳以上のユーザーはインターネット上でリスクが高い - Kaspersky Lab

カスペルスキーは9月28日、Kaspersky LabとB2B Internationalが世界21カ国16歳以上12546人のインターネットユーザーを対象に実施したセキュリティリスク調査の結果を発表した。

これによると、55歳以上の中高年ユーザーのインターネット上での行動が安全性に欠ける傾向にあり、サイバー犯罪の標的になりやすいことが判明したという。

その根拠として、「定期的に電子メールを利用する割合が、55歳以上は94%と全体の87%を上回っていること」「オンラインバンキングや株式の売買などで利用している割合が、55歳以上は90%と全体の84%を上回っていること」が挙げられている。

オンラインでの日常的な行動 資料:カスペルスキー

また、 セキュリティソフトウェアとパスワードの両方でデバイスを保護している中高年ユーザーは51%と全体の46%を上回っているが、コンピューター、タブレット、スマートフォンに一切パスワードや認証を設定しない人は21%(全体14%)に上るという。自分がサイバー犯罪者の標的になりうると考えている中高年ユーザーは14%で、全体の21%を大きく下回った。

日本の回答者を見ると、自分がサイバー犯罪の標的になりうると考えている割合は11%で、グローバル全体の中高年ユーザーの14%も下回ることが判明した。コンピューター、タブレット、スマートフォンに一切パスワードや認証を設定しない人は25%に上り、グローバル全体の中高年ユーザーの21%を超える結果となった

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事