日米の老後格差が明らかに? - 『日本より幸せなアメリカの下流老人』

『日本より幸せなアメリカの下流老人』表紙(出典:朝日新聞出版Webサイト)

朝日新聞出版はこのほど、朝日新書の新刊『日本より幸せなアメリカの下流老人』を発売した。著者はジャーナリストの矢部武氏。価格は821円。

貧困老人へのセーフティネットが手厚い米国

低福祉、格差社会として知られる米国。しかし、貧困老人に関しては年金や支援制度が手厚く、日本のように40年まじめに働いた人が年金で生活できないことはありえないという。本書は全米を徹底取材。厳しい生活の中、セーフティネットに支えられて幸せに暮らす米国の貧困老人の実態を紹介する一方、日本の社会保障や貧困対策の問題点を明らかにする。

内容は、「第一章 人生を謳歌する米国の下流老人」「第二章 最後は国が助けてくれる安心感」「第三章 日米社会『温かさ』の差」「第四章 世界一孤独な日本の老人」「第五章 老人の幸せを米国から学ぶ」など。

著者の矢部武氏は1954年埼玉県生まれ。1970年代半ばに渡米。帰国後、米ロサンゼルス・タイムス紙東京支局記者を経てフリーに転身。著書に『ひとりで死んでも孤独じゃない 「自立死」先進国アメリカ』(新潮社)などがある。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事