カゴヤ、共用サーバーのラインアップをリニューアル

カゴヤ・ジャパンは9月13日、同社の提供する「共用サーバー」のラインアップを更新し、新たに「SSHログイン機能」や「PHPバージョン切替機能」などを追加したほか、簡単インストーラに「EC-CUBE3」を追加したことを明らかにした。

SSHログイン機能は、コントロールパネルからSSHログイン機能を有効にすることで利用が可能となるほか、PHPのバージョンについては、デフォルトはPHP5.6系ながら、コントロールパネルのPHPバージョン管理よりPHP7系を利用することが可能となる。また、EC-CUBE3を利用する場合、コントロールパネルで事前にMySQLを追加しておく必要があるが、その後、簡単インストールからEC-CUBE3を選択することで、インストールが可能となる。

カゴヤが提供する共用サーバーの特長

なお、共用サーバーのプラン名称、提供価格およびスペックは以下の通り。また、いずれのプランも2週間の無料利用期間が用意されているという。

プラン名称:S11

  • 提供価格:初期費用 無料、月額費用 1080円(12カ月一括支払時/1カ月あたり864円)
  • スペック:Web容量 100GB、メール 無し、データベース オプション

プラン名称:S21

  • 提供価格:初期費用 3240円、月額費用 2160円(12カ月一括支払時/1カ月あたり1728円)
  • スペック:Web容量 200GB、メール容量 100GB、データベース 10GB

プラン名称:S31

  • 提供価格:初期費用 3240円、月額費用 3240円(12カ月一括支払時/1カ月あたり2592円)
  • スペック:Web容量 300GB、メール容量 100GB、データベース 20GB

提供されるプランは3種類となる



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事