Google、2017年からChromeでいくつかのHTTPサイトを「安全ではない」と警告

Google Chrome runs web pages and applications with lightning speed.

Google Chromeチームは9月8日(米国時間)、「Moving Towards a More Secure Web|Chromium Blog」において、2017年1月のGoogle Chrome 56からパスワードやクレジットカード情報を送信しているHTTPサイトを「安全ではない(Not securea)」と表示すると伝えた。アドレスバーに「Not secure」と表示されるようになる。

Googleは最終的にHTTPで動作しているすべてのサイトを「安全ではない」とラベル付けするとしており、2017年1月から始まる処理は第1段階となる。Googleは徐々に対象のサイトを広げ、HTTPで動作しているサイトをHTTPSへ移行させることを狙っていると見られる。

GoogleはこれまでもWebの安全性を確保するためにはHTTPSを利用することが重要であるとし、HTTPSへのサービスの切り替えや、HTTPSの利用を推奨する取り組みを進めてきた。最近は、デスクトップ版Chromeのページロードン半分以上がHTTPSになったとし、HTTPSへの移行が進んでいることを示している。

<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。

関連キーワード


転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事