Google、2017年からChromeでいくつかのHTTPサイトを「安全ではない」と警告

Google Chrome runs web pages and applications with lightning speed.

Google Chromeチームは9月8日(米国時間)、「Moving Towards a More Secure Web|Chromium Blog」において、2017年1月のGoogle Chrome 56からパスワードやクレジットカード情報を送信しているHTTPサイトを「安全ではない(Not securea)」と表示すると伝えた。アドレスバーに「Not secure」と表示されるようになる。

Googleは最終的にHTTPで動作しているすべてのサイトを「安全ではない」とラベル付けするとしており、2017年1月から始まる処理は第1段階となる。Googleは徐々に対象のサイトを広げ、HTTPで動作しているサイトをHTTPSへ移行させることを狙っていると見られる。

GoogleはこれまでもWebの安全性を確保するためにはHTTPSを利用することが重要であるとし、HTTPSへのサービスの切り替えや、HTTPSの利用を推奨する取り組みを進めてきた。最近は、デスクトップ版Chromeのページロードン半分以上がHTTPSになったとし、HTTPSへの移行が進んでいることを示している。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事