年収1,000万円で激務と年収250万円でゆったりの職場、働くならどっち?

経済的に安定した生活を送りたい、というのは誰しも願うところ。より高い収入が得られる仕事があれば転職したいと思うかもしれないが、その仕事がプライベートな時間もないくらいの激務だとしたらどうだろうか? 今回は、マイナビニュース会員301名にこんな究極の2択を聞いてみた。

Q.「年収1,000万円で激務」と「年収250万円でゆったり」の職場では、どちらで働きたいですか

「年収1,000万円で激務」(48.2%)
「年収250万円でゆったり」(51.8%)

Q.「年収1,000万円で激務」と「年収250万円でゆったり」の職場では、どちらで働きたいですか

Q.その理由を教えてください

年収1,000万円で激務

■250万円では生活できない
・「都会で生活するには250万円では足りない」(52歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「250万円では絶対額として生きていけないレベル」(31歳男性/輸送用機器/営業関連)
・「さすがに250万円では生活できないと思うから」(44歳男性/精密機器/技能工・運輸・設備関連)
・「250万円だと最低限の生活費で収入が消えそうだから、忙しくても時間は工夫次第で作れるし、娯楽に使えるお金が欲しいから」(22歳女性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

■バリバリ働きたい
・「激務の方が達成感があるから」(46歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
・「ハードが好き」(25歳女性/その他/営業関連)
・「バリバリ働いた方が楽しいので」(32歳女性/レジャーサービス・アミューズメント・アート・芸能関連/クリエイティブ関連)
・「自分の場合、忙しければ忙しいほど燃える性分というのもあります、もっとも忙しいだけでお金が少ないのはノーサンキュー!」(41歳男性/精密機器/技能工・運輸・設備関連)

■お金があるにこしたことはない
・「お金はいくらあっても困らないので」(45歳男性/建設・土木/営業関連)
・「ないよりまし」(43歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「金がある方が後々良い」(49歳男性/システムインテグレータ/IT関連技術職)
・「お金はあったにこしたことないで」(40歳女性/通信関連/事務・企画・経営関連)

■将来のため
・「老後に楽をしたいから」(28歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
・「老後の蓄えが必要」(42歳女性/医療・福祉・介護サービス/その他技術職)
・「250万では老後が心配」(59歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)
・「お金を貯めて将来ゆったりしたいから」(31歳女性/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)

■お金がすべて
・「お金があれば何だってできる」(33歳女性/精密機器/事務・企画・経営関連)
・「お金がすべてだから」(42歳男性/広告・出版・印刷/技能工・運輸・設備関連)
・「お金あれば何とかなる」(42歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/技能工・運輸・設備関連)
・「世の中お金でしょ!」(50歳男性/専門店/販売・サービス関連)

■その他
・「しばらく激務に耐えてお金をためてから転職する」(32歳女性/ソフトウェア・情報処理/その他・専業主婦等)
・「年収250万円近くの収入でゆったりしているから、年収1000万円の仕事とはどんなものかを感じてみたい」(37歳男性/その他/建築・土木関連技術職)
・「ゆったりした仕事は健康的なので定年後も長生きしそう、すると要介護期間が長引いて親族に負担をかける、だったら早死にして使い切れなかった金を遺産にしたいので」(53歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

年収250万円でゆったり

■健康が一番
・「体や精神を壊したくないから」(58歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)
・「忙しい職場だと病んでしまうから、収入が低くてもゆったりした職場がいい」(33歳女性/食品/事務・企画・経営関連)
・「激務で体を壊した経験があるから」(38歳男性/教育/公共サービス関連)
・「超過勤務が多くて収入が増えても結局それが入院費・通院費に化けてしまっているケースが、我が社でも多く見られるので、それなら人並みの暮らしができてストレスのたまらない方が長い目で見た場合は得かな」(54歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/その他・専業主婦等)

■自分の時間が大切
・「プライベートの時間が充実していないと、身体だけでなく心も壊してしまうと思うから」(38歳女性/ドラッグストア・調剤薬局/販売・サービス関連)
・「自分の時間が欲しいから」(46歳男性/その他/営業関連)
・「趣味などで楽しむ時間が欲しい」(45歳女性/専門店/事務・企画・経営関連)
・「仕事で忙しくて自分の時間とかがないと、精神的に追い詰められて生きてても楽しくなさそうだから」(44歳男性/その他/その他・専業主婦等)

■お金を時間がなければ無意味
・「1000万円もらえても激務だと使う暇がないので」(28歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連)
・「お金があっても時間がなければ意味がない」(47歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「お金を使う時間がなかったら意味がない」(34歳男性/インターネット関連/クリエイティブ関連)
・「お金があっても忙しければ使えなくて意味がないと思う」(32歳男性/教育/専門職関連)

■余裕をもって生活したい
・「お金のかからない楽しい趣味を見つける、体も健康に過ごせると思うので結果的に豊かな人生になりそう」(26歳女性/食品/専門職関連)
・「仕事以外のこともいろいろ余裕をもってやりたしいし、過ごしたいから」(31歳女性/その他/その他・専業主婦等
・「やりたいことができ、何のために生きているか実感できるから」(24歳男性/公益・特殊・独立行政法人/公共サービス関連)

■その他
・「働くのが嫌いなので、極力家にいたい」(28歳女性/ソフトウェア・情報処理/営業関連)
・「1,000万円もらっていた時期があるけど、馬車馬の労働でした」(64歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
・「仕事をするために生きているわけではないので、やる気と賃金のバランスがよいところで働きたい」(39歳男性/証券・投資銀行/営業関連)
・「あまり欲がないので、普通に暮らせるだけのお金があれば良いです」(33歳女性/ソフトウェア・情報処理/事務・企画・経営関連)

■総評

今回の調査では、「年収250万円でゆったり」を選んだ人が51.8%で、「年収1,000万円で激務」(48.2%)をわずかに上回る結果となった。「お金より健康が大切」という意見が多く、「年収1000万でも激務で身体を壊したら元も子もない」とのこと。実際に激務によって体を壊したという人もおり、「年収400万円でうつを発症した」「寝る時間もなくて心身ともに疲労こんぱいした」といったコメントが寄せられている。

「お金より時間が大切」という意見も多かった。いくらお金を稼いでも、プライベートな時間がなければ心に余裕がなくなり生活が楽しめないもの。お金よりも家族と過ごす時間や、自分の趣味の時間など「息抜きの時間」が大切ということだった。

一方「年収1,000万円で激務」を選んだ人からは「250万円では生活できない」という意見が多く寄せられた。250万円では将来のための貯蓄もできず、余裕を持って生活できないとのこと。「お金だけで幸せにはなれないけど、お金がなければ幸せにはなれない」という現実的な意見も見られた。

また、中には「バリバリ働きたい」タイプの人もいるようだった。仕事が忙しければ忙しいほど「達成感」や「やりがい」を感じるそう。「ゆったりは自分の生き様にあってない」というコメントも寄せられていた。

お金を取るか、お金よりも時間を取るか、様々な意見が寄せられた今回のアンケート。あなたなら「年収1,000万円で激務」と「年収250万円でゆったり」の職場、どちらを選ぶだろうか?

調査時期: 2016年8月3日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 301名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事