タイガー、内釜に土鍋コーティングを施した「どこから見ても美しい」炊飯器

タイガー魔法瓶は9月6日、圧力IH炊飯ジャー「炊きたて」の「JPC-A」シリーズを発表した。発売は9月21日。価格はオープンで、推定市場価格は5.5合炊きの「JPC-A100」が73,000円前後、1升炊きの「JPC-A180」が76,000円前後(すべて税別)。

JPC-A100

JPC-Aシリーズは、「どこから見ても美しい」をコンセプトにデザインされた圧力IH炊飯ジャーだ。背面がフラットで出っ張りのない360°デザインを採用。高さは、従来のJPBシリーズから20mmコンパクトになっている。

内釜に、土鍋で炊いたご飯のおいしさを再現する「熱流&熱封土鍋コーティング」を用いているのが特徴で、釜上部に熱伝導の良い熱流コーティング、釜下部に蓄熱性の高い熱封土鍋コーティングを施し、上部と下部の温度差で釜内部の対流を促進する。また、釜内側にも遠赤土鍋コーティングを施すことで、お米が土鍋で炊くときのような細やかな泡立ちで沸とうし、ふっくらしたこはんが出来上がる。

炊飯には「可変W圧力炊き」を採用。上蓋に大小ふたつの圧力ボールを搭載し、炊飯のタイミングで圧力を調整する。炊き上げ時は1.25気圧の圧力をかけてねばりともちもちした弾力を引き出し、炊き上げ直後は1.05気圧まで減圧して高温で炊き、ベタつきの少ないしっかりとしたご飯粒に仕上げる。また、内鍋を包むIHヒーターには加熱面積の広い「釜包みIH」を採用し、お米本来の甘みを引き出す。

お米本来の甘みを引き出す「剛火IH」も採り入れており、135度の高温で釜全体を包み込んで加熱し、芯からふっくら炊き上げる。さらに、110~115度の高温蒸らしでお米のα化を促進し、本来の甘み(旨み)を引き出す。

「麦飯」専用のメニューも用意し、3割の麦を混ぜた麦ごはんも、独特の匂いを抑えて美味しく炊く。このほか「つや艶内ふた」を採用し、炊飯時には水分を素早く蒸発させ、保温時には水の「膜」を張ってごはんをしっとりと保温する。

「雑穀米」「おこげ」「おかゆ」「玄米」「おこわ」「炊込み」などの炊き分けメニューを用意。玄米に含まれてる酵素の働きを促すために、4~5時間かけて炊飯し、通常の玄米よりもGABA(ガンマアミノ酪酸)の量を増やす「GABA増量メニュー」も選択できる。GABAは神経伝達抑制物質で、神経の高ぶりを抑えて正常な働きに戻す役割があるとされている。

JPC-A100は容量が0.36~1.8L、サイズがW27.5×D32.9×H24.2cm、重量6.5kg。JPC-A180は、炊飯容量が0.18~1.0L、サイズがW25.5×D30.2×H21.1cm、重量5.4kg。カラーはホワイトグレー、バーガンディ、ブルーブラックの3色。

JPC-B100

また、「熱封土鍋コーティング5層遠赤特厚釜」を採用した「JPC-B」シリーズも同時に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は、5.5合炊きの「JPC-B100」が53,000円前後、1升炊きの「JPC-B180」が56,000円前後(いずれも税別)。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事