Windows 7とWindows 10が増加 - 8月OSシェア

Net Applications - Usage Share Statistics for Internet Technologies.

Net Applicationsから2016年8月のデスクトップOSシェアが発表された。8月はWindowsがシェアを増やし、MacとLinuxがシェアを減らした。バージョン別に見るとWindows 7、Windows 10、Windows 8.1がシェアを増やし、Windows XP、Windows 8、Windows Vistaはシェアを減らしている。Windows 10は成長傾向にあり、今後も同様の成長が続くのではないかと見られる。

すでにサポートが終了しているWindows XPだが、先月はシェアを増やしたが、8月はシェアを減らした。サポートが提供されていないにもかかわらず第3位のシェアを確保しており、単体でMacおよびLinuxよりも高いシェアを確保している。先月はWindowsがシェアを落とし、逆にMacとLinuxがシェアを増やした。8月はこれが反動する結果となっている。

2016年8月デスクトップOSシェア/円グラフ - Net Applications報告

2016年8月デスクトップOSバージョン別シェア/円グラフ - Net Applications報告

2016年8月デスクトップOSシェア/棒グラフ - Net Applications報告

2016年8月デスクトップOSバージョン別シェア/棒グラフ - Net Applications報告

順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 90.52% 89.79%
2 Mac 7.37% 7.87%
3 Linux 2.11% 2.33%
順位 プロダクト 今月のシェア 先月のシェア 推移
1 Windows 7 47.25% 47.01%
2 Windows 10 22.99% 21.13%
3 Windows XP 9.36% 10.34%
4 Windows 8.1 7.92% 7.80%
5 Mac OS X 10.11 4.38% 4.69%
6 Linux 2.11% 2.33%
7 Windows 8 1.82% 2.09%
8 Mac OS X 10.10 1.73% 1.75%
9 Windows Vista 1.05% 1.22%
10 Mac OS X 10.9 0.61% 0.67%
11 Mac OS X 10.7 0.19% 0.21%
12 Mac OS X 10.6 0.19% 0.24%
13 Mac OS X 10.8 0.18% 0.21%
14 Windows NT 0.12% 0.15%
15 Mac OS X 10.12 0.04% 0.04% =
関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事