京都鉄道博物館、秋のイベント - 初の企画展「寝台列車の軌跡」も開催決定

京都鉄道博物館はこのほど、9月以降に実施する秋のイベントと写真展、初の企画展の概要について発表した。

京都鉄道博物館では、寝台特急「トワイライトエクスプレス」に使用された機関車・客車も展示されている

秋のイベントは「京都鉄博 ワンダーオータムフェスタ!」と題し、9月24日から11月6日まで開催。期間中は毎日同館に関連したクイズを解いて「京都鉄博 鉄道博士」をめざすクイズラリーを実施し、全問正解者先着1万名に記念品をプレゼントする。

9月24・25日は、本物と同じしくみで動くミニSLが牽引する客車に乗車できる「ミニSL運転会」を開催。10月2日には、専門家にデジタルカメラの使い方や鉄道車両の撮影のコツなどを教わりながら、館内の展示車両を撮影する初心者向けの写真撮影教室を開く。その他、展示・保存されているSLを人力で引っ張るSLとの綱引きイベントが10月8~10日に実施される。

10月8日から、第12回京都大学鉄道研究会写真展「鉄道のある情景」がスタート。京都大学鉄道研究会が毎年開催している在学生・OBの会員による写真展で、サブタイトルは「くらしの中の鉄道を再発見する写真旅行」。18日まで、本館3階ギャラリーで観覧できる。

京都鉄道博物館として初の企画展「The Sleeper Train ~寝台列車の軌跡~」も10月8日からスタート。1900(明治33)年に山陽鉄道(現在のJR山陽線)が寝台車を導入して以降、日本国内で活躍してきたさまざまな寝台列車の軌跡と、同館で保存・展示している寝台車両について紹介する内容となる。寝台列車のヘッドマークや車内備品、走行写真などが展示されるという。会期は2017年1月31日まで。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事