パイオニア、レコードプレーヤーもつなげるネットワークCDレシーバー

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは8月25日、パイオニアブランドのネットワークCDレシーバー「NC-50」を発表した。発売は9月中旬で、希望小売価格は100,000円(税別)。

NC-50

NC-50は、音楽CD、USBの音源、インターネットラジオ、AM/FMラジオのほか、ネットワーク再生も楽しめるシステム。フォノイコライザーを内蔵しており、MMカートリッジを使用したアナログレコードプレーヤーも接続できる。

DACチップには、ESSテクノロジーの「SABRE32 Ultra DAC」を採用。有線LANやUSB経由で、192kHz/24bitまでのWAV、FLAC、AIFF、Apple Losslessや、11.2MHzまでのDSDを再生できる。なお、無線LAN接続の場合は、88.2kHz以上のファイルとDSDに対応しない。

今後のファームウェアアップデートにより、「e-onkyoダウンローダー」を利用可能。PCレスでハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」から楽曲を購入し、USB接続のHDDにダウンロードできるようになる。インターネットラジオはradiko.jp、radiko.jpプレミアム、tuneInをサポート。このほか、Google Cast for Audioや、AppleのAirPlayにも対応する。

パワーアンプはクラスDタイプで、増幅素子には「Direct Power FET」を採用。定格出力は40W×2、周波数特性は10Hz~60kHz(±3dB)、S/N比は100dB以上、スピーカー適合インピーダンスは4Ω~16Ωとなっている。

音声入力端子は、光デジタル×1系統、同軸デジタル×1系統、LINE×1系統、フォノ×1系統、USB×2系統(フロント・リア)を装備する。本体サイズはW435×D333×103mmで、質量は6.4kg。

NC-50のリアパネル

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事